殺処分「ゼロ」に向けた活動への支援
一般財団法人国際セラピードッグ協会より感謝状を贈呈されました
[掲載日]

image1.jpgこの度、ペットメディカルサポート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米満 明仁)は、一般財団法人国際セラピードッグ協会(以下、国際セラピードッグ協会)より、不幸にして住む家や保護者を失った犬たち(捨て犬や東日本大震災の被災犬たち)を「セラピードッグ」として育成することを支援し、社会貢献に大きく尽力したとして、感謝状が贈呈されました。

国際セラピードック協会は、不幸にして住む家や保護者を失った犬たちを一頭でも多く救い、「セラピードッグ」として育成し、医療や介護の現場で社会貢献活動をしています。

平成9年度は66万1,000頭もの殺処分(全国の犬・猫)がありましたが、平成28年度は5万6,000頭に減少しており(環境省統計資料)、殺処分ゼロが目前まできております。

ペットメディカルサポート(PS保険)は、国際セラピードッグ協会に協賛し、今後とも、殺処分ゼロにむけて取り組んでまいります。