愛猫に関する注意したい食べ物

猫を飼う前に「人間は食べられるけれど、猫にあげてはいけないもの」を勉強するオーナーさまは多いと思います。

有名なものにタマネギやチョコレートなどがありますが、実は他にも食べてはいけないものはたくさんあります。

また、PS保険の保険金請求でも猫の食べ物の誤飲や中毒に関するものがあります。

お薬で吐かせる処置で済むものもあれば、手術が必要になるもの、最悪の場合、命を落としてしまうことがあります。

今回は猫にあげてはいけない食べものについて紹介いたします。

  1. ネギ
  2. カカオ
  3. 生のエビ・タコ・イカ
  4. 食べてしまった時の対応

猫の保険について

ネギ

食べてはいけないネギの仲間

  1. タマネギ
  2. ネギ
  3. ニラ
  4. ニンニク
  5. ラッキョウ
  6. ユリ根など


ねこが中毒を起こす代表格代表格「ユリ科ネギ属」

猫が食べてはいけない食べ物で一番有名なものがタマネギです。

この時に起こす中毒をタマネギ中毒と呼びます。

タマネギ中毒を起こす原因になる物質は『ヒガンハナ科ユリ科ネギ属』に分類される植物に含まれている有機チオ硫酸化合物で、この物質がヘモグロビンを酸化させることにより、血液中の赤血球が破壊されてしまい、「溶血性貧血」が発症しています。

つまり、『ヒガンハナ科ユリ科ネギ属』に分類されるネギ・ニラ・ニンニク・ラッキョウ・ユリ根などもタマネギ同様にタマネギ中毒を引き起こしますので猫にあたえてはいけません。

加熱や加工をしても中毒症状に有機チオ硫酸化合物は加熱や加工しても失われるものではありませんので上記の食材を使用した料理や煮汁や粉末であっても口にしないように気をつけてください。

猫はタマネギそのものの匂いを嫌う傾向にあるので生の状態のものより、ハンバーグやミートボールなど猫にとっていい匂いと感じるように加工されたものの方がより注意が必要です。

中毒症状を起こす量は「ねこ次第」

また、タマネギ中毒の症状が出る摂取量については個体差があります。

種別や体重などの関係性は未だに不明と言われています。

そのため絶対にあげてはいけない食べ物といわれています。

症状「発症まで数日かかることも」

タマネギ中毒の症状はタマネギを食べてから1日~数日かかります。

最初に見られる症状は足元がふらつき、粘膜部分の蒼白です。

その後、血尿・可視粘膜蒼白(歯茎や舌などの粘膜が青白い)・黄疸・元気消失・嘔吐・下痢・食欲不振・パンティング・貧血などの症状がみられるようになり、最悪の場合は死に至ります。

タマネギを食べてしまったら症状が出るまで待たず、動物病院に連れていき処置をしてもらいましょう。

カカオ

チョコやココア、コーラなどに含まれるカカオ猫が口にしてはいけない食べ物で次点に有名なのはチョコレートです。

チョコレートやココアの原材料となっているカカオに含まれているテオブロミンというアルカロイドの一種がねこにとっては毒となります。

猫は代謝速度が遅くカカオを分解できない

デオブロミンには脳を興奮させる効果や、利尿作用などの覚醒効果があり、人間は体内で分解することができるので問題ないのですが、猫はテオブロミンの代謝速度が遅いため中毒症状を引き起こしてしまいます。

またテオブロミンはカフェインを摂取した動物の体内でも生成されるためカフェインが含まれているコーヒーやコーラなども猫は口にしてはいけません。

カカオを摂取した時の症状

猫がチョコレートを食べてしまった場合、1-2時間後に症状が現れます。

嘔吐・下痢・動悸・息切れ・パンティング・排泄障害(失禁)・痙攣 などが見られます。

チョコを食べてしまったら

食べてしまったチョコレートの種類はしっかりチェックしましょう。

チョコレートの種類によってカカオの含有量は大きく異なります。

ホワイトチョコレートやミルクチョコレートよりビターチョコやココアパウダーの方が危険になります。

チョコレートやチョコレートを含む食品を食してしまった場合、すぐに気づくことができれば吐き出させることも可能です。そのためすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

猫は甘味が解らない

猫の舌は甘味を感じませんので、犬ほどチョコレートに惹かれることないかと思いますが注意しましょう。

生のエビ・タコ・イカ

理由は「消化に悪いから」、ではない

人間にとっても消化の悪い、エビやタコ、イカは猫にとっても消化が悪いのであげてはいけないと思う人も多いのですが、実際はもっとディープな理由があります。

猫の必要とする栄養素で重要なものに水溶性ビタミンと呼ばれる『ビタミンB1』があります。

ビタミンB1は水溶性になりますので排出されやすく、積極的に摂取する必要があります。

ビタミンBが破壊される

エビやタコ、イカには『チアミナーゼ』と呼ばれる成分がふくまれており、にはビタミンB1を破壊してしまう作用があります。

これによりビタミンB1欠乏症を引き起こしてしまいます。

また、チアミナーゼはわらびやゼンマイなどの山菜にも含まれています。

生の魚介類を食べたどうなるのか

人間でもビタミンB1の不足が起こると脚気などの神経に影響を起こします。

猫がビタミンB1の不足してしまうと、食欲低下・嘔吐・ふらつき・痙攣などの神経症状などが見られ、重篤になると昏睡状態に陥ってしまうこともあります。

すぐに症状がでない

生のエビ・タコ・イカは中毒ではなく体の栄養素が不足して起きる症状になりますのですぐに症状がでるこということはありません。

もし食べてしまっても急に病院に連れていく必要はありませんが、数日体調には気を付けてあげましょう。

ビタミンB1欠乏症はチアミナーゼの摂取だけではなく偏食によって引き起こさせることもありますので注意が必要です。

加熱(茹でる、焼く)で解決も消化には良くない

エビやタコ、イカなどは加熱することによって『チアミナーゼ』は活性しなくなります。そのため茹でたり、焼いたりして与える分には特に問題ありません。

タコ、イカはタウリンを多く含むので猫が好む場合もあります。

しっかり茹でたり、焼いたり加熱調理をして与える分には問題ないですが、最初にも記述した通り元々消化が良くない食べ物なので下痢や嘔吐を引き起こすこともありますので注意が必要です。

食べなければいけない食べ物でもないのでわざわざ与える必要はないとも言えます。

食べてしまった時の対応

まずは病院へ

猫がもしも食べてはいけないものを食べてしまった場合、中毒の危険性があるタマネギ類、チョコレート類であったらまず病院に連れて行ってあげましょう。

食べてしまった量が多ければ多いほど危険性は高まりますので早急に動物病院に連れて行ってあげましょう。

病院で伝える内容を整理

その際に飼い主さまがチェックしておくべきことは【いつ】【なにを】【どのくらい】食べたかになります。この情報ができるだけ正確にあった方がいいのでわかる範囲で詳細に獣医さんに伝えてあげましょう。

軽はずみに応急処置をしない

飼い主さまの応急処置で吐かせるという方法もありますが、素人が動物を吐かせるのは非常にむつかしいですし、動物も嫌がります。

獣医師さんの指示のもと実施するならば別ですがネットなどの知識のみで軽はずみに行うのは避けましょう。

特に塩を使用するのは要注意です。

動物病院が営業時間外だった場合

動物病院に急いで行った方がいいか翌日まで様子見るかなどの判断に迷うこともあると思うのですがそんな時は動物病院に電話をしてみるとよいでしょう。

こんな時のために事前に夜間に営業している動物病院を調べておくことをおすすめします。

近隣に夜間の動物病院がない場合

ペット保険の付帯サービスなどで24時間獣医師に電話できるサービスはこういったときにとても役に立ちます。

PS保険獣医師ダイヤル詳細

少しの工夫で防ぐ

自分の家の子は大丈夫と思っている家庭でもちょっと目を離した一瞬に食べてしまうなどは十分ありえます。

猫は高いところまで登るのが得意ですし、猫の届くところに残り物などを放置しないように注意しましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。