ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイルのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

ジャパニーズボブテイル

かかりやすい病気

ジャパニーズボブテイルとは

ジャパニーズボブテイルとは名前のとおり、原産国を日本とする、日本猫を起源とする猫の一種になります。

ボブテイルというのは玉房状の飾りのように丸まった短い尾から由来しています。

このような玉房状の尾を持つ猫は、古くから日本に生息していました。

元々はアジア大陸から日本列島へ移住してきた猫の中に、切れた尾のような個体おり、それらの劣勢の遺伝子が在来の遺伝子プールに拡散していったという説がありますが、実際は不明です。

ジャパニーズボブテイルの歴史は、この日本猫を先祖として20世紀のアメリカで作出されました。

1960年頃に日本に訪れていたアメリカ人の女性が日本猫に魅了され、母国のアメリカ合衆国のバージニア州に住む友人に日本猫の番を送りました。

そこから繁殖が開始されました。

その後100頭以上の短尾の日本猫がアメリカに移送され、本格的な計画が開始されました。

やがて1976年に、アメリカの猫種管理団体であるキャット・ファンシアーズ・アソシエーションから、ジャパニーズボブテイルは一品種として認定されました。

北アメリカの猫種認定機関にて遺伝審査委員を務める担当者は、ジャパニーズボブテイルについて、「日本で普通に見かけることのできる猫」としているが、日本猫の第一人者でもある平岩由伎子は、ジャパニーズボブテイルは日本猫を原型としてはいるものの、この品種に特徴的な短尾と三毛に着目したうえで、いわば人為的に作り出されてきたのがこの品種であって、厳密には日本猫には該当しないとしています。

つまり、欧米人の思い描く日本猫の姿を目指して作出されたものであり、本来の日本猫とは若干に異なるといわれています。

ジャパニーズボブテイルの容姿

ジャパニーズボブテイルは身体も脚も全体的に長く筋肉質で、線がはっきりとしているフォーリンタイプです。

横からみると長方形を思わせる、体重は2.5-4kgほどの小型-中型の猫になります。

最大の特徴は、名前のとおりポンポンを思わせる短く巻いている尻尾です。

この尻尾は巻いているとはいいましたが関節に可動性がないため、基本は巻いている状態で固定されています。

この尻尾は劣勢遺伝のため、両親が共にボブテイルでないと発現しません。

頭部は均整の取れた三角形の輪郭で、鼻筋が通った丹精な顔立ちをしています。

耳は大きく先が丸みを帯びて直立しています。

眼は楕円形で大きく、基本的に毛色に応じた目の色をしていますが、例外もあります。

被毛は基本的には滑らかな短毛になります。

長毛の種類はジャパニーズ・ボブテイルロングヘアという別の猫種となりますが、この猫種はジャパニーズボブテイルの繁殖の最中に発生した固体から作出されています。

被毛の色はあらゆる毛色が存在していますが、日本らしい「三毛(白・赤黒) 」と「白・赤」と「白・黒」の3種類が人気とされています。

ジャパニーズボブテイルの性質

ジャパニーズボブテイルは順応性が高く、賢く、社交性が高い猫になります。

そのため、トイレトレーニングも比較的に楽に覚えさせることができます。

また、おもちゃは少し頭をつかうようなおもちゃや、追いかけるようなおもちゃを与えても楽しくあそべるでしょう。

ジャパニーズボブテイルは社交性が高いため、人間に慣れることもできますし、他の猫や動物とも慣れやすいので多頭で飼育することも可能です。

逆に、寂しがる一面もあるので多頭で飼育してあげたほうがいいこともありますが、実際は固体差がありますのでその子のことを考慮してあげてください。

ジャパニーズボブテイルは声色の範囲が広くよく鳴きますが、そこまでうるさいということはありません。

ちょっと頑固なところがあるのでフードの種類を変えたりする際は気をつけてください。

被毛のお手入れは週1-2回程のブラッシングをおこなってあげましょう。

綺麗好きな性格なのでお手入れをしてあげないと自分で毛づくろいをしてしまい、毛球症の原因となってしまいますので気をつけてください。