シンガプーラ

シンガプーラの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

シンガプーラ

シンガプーラの罹りやすい疾患

シンガプーラとは

シンガプーラは名前の通り、シンガポールを原産とする猫種です。

シンガポールでは【クチンタ】という愛称で親しまれています。

これはマレー語で猫【クチン】と愛する【チンタ】が合わさった言葉です。

シンガプーラが1番最初に発見されたのはシンガポールの下水溝でした。

その土着猫をアメリカ人の夫婦が発見し、アメリカに連れて帰り育種を行なったといわれています。

1970年代初頭に東南アジアに赴任していたアメリカ人の夫婦は、現地の動物保護団体SPCA ( Society for Prevention of Cruelty to Animals)から独特のティックド・タビー(体にほぼタビーやマーキングがなく、多様な色でティッキングされている毛色)の小さな猫を引き取りました。

その猫たちをアメリカに連れて戻ました。

ティックド・タビーの小さな猫は猫らしくない人懐っこさでとても人気になり、わずか7年ほどでCFA、TICAという大きな血統登録団体に猫種として公認登録され、さらに1979年にはTICAの、1988年にはCFAのチャンピオンシップにも登録されました。

その後、夫妻からシンガプーラを譲られた繁殖家もシンガポールに赴き、新しく基礎となる猫を輸入してアメリカにつれて帰りましたが、この時に以前シンガプーラを輸入した夫妻がアビシニアンをシンガポールに持ち込んでいた記録が発見されました。

これによりシンガプーラは土着猫ではなくハイブリッド種である可能性が浮上しました。

これによりシンガプーラは自然発生種ではないとして登録を見送り団体が発生しました。

しかし、この件について調査したCFAは実際交雑されていたとしても夫妻がシンガポールの捨て猫を交配したのは事実としてシンガプーラの登録はそのままとなりました。

シンガプーラの容姿

シンガプーラは現存する純血種の猫のなかで世界一小さいといわれています。

体重は成猫でも2-3kgほどしかありません。

そのため小さな妖精ともいわれています。

しかし、最近では3kg以上のシンガプーラも増えてきています。

特にアメリカでは大きくなる傾向があります。

これは野生の動物においても同様の傾向があります。

逆にアジアではアメリカと比べて小さくなることが多いと言われています。

シンガプーラは小さいですが全体的に筋肉質でしっかりとした体躯をしています。

しっぽは長めで、ボディタイプはセミコビータイプに該当します。

耳は付け根が広く、立っています。目は大きくアーモンド形をしています。

目の色はグリーン・ヘーゼル・イエローがあり、アイラインが濃く入っているのが特徴となります。

シンガプーラの毛色はセーブルのみになり、模様もティッキングとされています。

ティッキングとは1本の毛に違う色がはいっており、濃い色や薄い色の部分があることを指します。

また、滑らかな短毛でさわり心地が良いです。

アビシニアンと似ているともいわれておりますが、輪郭や目の形が異なります。

シンガプーラの性質

シンガプーラは比較的おとなしい性格であまり鳴くこともありません。

また、甘えん坊な性格で飼い主と一緒に寝る猫も多いといわれています。

シンガプーラは神経質で人見知りの性格の子が多いと言われており、飼い主にだけ懐くということがあります。

来客が多い家には飼育がむかないといわれています。

また引っ越しなども慣れない環境にストレスをためてしまうこともあります。

ほかの猫と一緒にいるのは得意ではなく多頭飼育は向かないといわれています。

おとなしい性格ではありますが運動量は多くありませんが、運動能力は高く、好奇心も旺盛です。

そのため高いところに上りますので注意してあげましょう。

お手入れが簡単で定期的ンブラッシング程度で問題ありません。