北海道犬

北海道犬のかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

北海道犬

かかりりやすい病気

  • 皮膚病
  • 関節炎
  • 白内障

北海道犬とは

北海道犬とは名前の通り日本が原産の犬になります。

別名アイヌ犬とも呼ばれ北海道の先住民族であるアイヌ人が熊やその他の狩猟用として飼育していた狩猟犬となっております。

また、携帯電話会社のCMでも有名なお父さん犬もこの犬種になります。

元々は鎌倉時代に北海道と東北地方との交流が盛んになった際に、本州から北海道へと移住した人々と一緒に移動をした中型犬が祖先と言われています。

そのときはいわゆるマタギ犬(山岳狩猟犬)として飼育されていた。

アイヌ語では犬を『セタ』と呼んでいましたがいまは一般的に『セタ』=北海道犬という認識をされています。

北海道犬は獰猛なエゾヒグマ(ヒグマの亜種)にも立ち向かえる力強い犬になります。

また、熊の平手打ちなどの攻撃をよけるためにもキビキビとした動作が出来る俊敏な犬になっています。

明治35年(1902年)も八甲田山にて発生した八甲田雪中行軍遭難事件には救助隊に北海道犬が編成されました。

また、昭和12年(1937年)に当時の文部省がこの犬種を天然記念物に指定しました。

この際にこの犬の正式名称が『北海道犬(ほっかいどういぬ)』となり、翌年の昭和13年に北海道庁が管理者として指定されました。

また戦後は北海道教育委員会に管理が委ねられました。

北海道犬の容姿

北海道犬は均整のとれた健康的な体躯で筋肉質です。

大きさは体高で牡が48.5~51.5cm、雌で45.5~48.5㎝、体重は固体にもよりますが雌雄ともに15-30kgほどになります。

体高と体長の比は10:11といわれています。雌の体長はやや長くなっております。

北海道犬は日本犬の特徴である三角形でやや前傾している立ち耳、やや三角形で目じりのつりあがった暗褐色の目、背上に力強く巻いている巻き尾か鎌状に湾曲した差し尾を持っています。

北海道犬の独特の特徴といわれているのが『舌斑』です。舌斑とは犬の舌に紫色、青、黒をした斑のことをさします。

舌斑は舌先から喉奥までと舌全体でみられます、大きさも大小様々で個体によって異なります。

舌斑は日本犬に多いといわれており、北海道犬と甲斐犬については特によく見られるといわれています。

ドックショーなどの展覧会で舌斑は評価が下がることがありますが北海道犬と甲斐犬についてはそんなことはありません。

被毛はダブルコートになります。オーバーコートは硬い直毛で、下毛は柔らかく密生しています。

色は胡麻(先端の黒いレッドフォーン)、赤、黒、白、狼灰、黒褐色、虎があります。

北海道犬の性質

北海道犬は元猟犬になりますので野性味があり攻撃的な印象があるかもしれませんが非常に従順な性格です。

辛抱強く訓練に耐えますし厳しい環境に耐えることができます。

そのためしっかりしつけをしてあげれば非常に賢いパートナーとなるでしょう。

しかし元猟犬になりますのでしっかりしつけをしてあげられないと事故を起こしてしまう可能性が高いです。

北海道犬は屋外での運動やお散歩は必須になります。

また、冬は極寒と豪雪に耐えるべく厚い被毛に覆われます。

そのため換毛期にはかなりの量の被毛がまとまって浮いてきますのでこまめなブラッシングが必須となります。

また、東北地方の犬種になりますので高温多湿な気候には不慣れになります。

そういった地域で飼育する際は皮膚病に十分注意してあげましょう。