サルーキ

サルーキのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

サルーキ

かかりりやすい病気

  • 皮膚疾患
  • 皮膚病

サルーキとは

サルーキとは中東が原産国のサイトハウンドとよばれる獲物を視覚で見つけ、走力で獲物を追跡捕獲するタイプ狩猟犬です。

サルーキは飼育犬種の中でも最も古い犬種としても知られています。

サルーキの名前の由来は諸説あります。古代アラビアの都市である「サルク (Saluq)」からきているという説は有力ではありますが他にもアラビア古語で「アラー神より授かりしもの」であるという説や、地中海東岸の古代文明「セレウキア」に由来しているという説などがあるものがあります。

しかしどれも定かではありません。

またサルーキは純血種としての歴史は7000年遡ることが出来るとも言われています。

また、サルーキは様々なタイプがあります。

このバリエーションが発生した理由はサルーキがアラブの伝統の中で中東という広大な地域で何千に渡りハウンドとして広大な地域で何千にも渡りハウンドとして狩猟に用いられたからとなっています。

元々、地域によってハントする獲物に違いがあり、種族によってその獲物を狩るために最も適したサルーキを飼育していました。

ところがアラブの伝統上サルーキの売買はされずに名誉の象徴とされてきたためです。

そのためサルーキにとってこのバリエーションがあることは良いものとなっており同時に典型的なものとされています。

サルーキの容姿

サルーキの外貌は全体的に均等がとれており、優雅さと気高さを感じられます。

また、サイトハウンド特有のスピード感を感じられるしなやかなフォルムです。

体長と体高とほぼ同じです。しかし、全体的にすらっとしているので体高のほうが長く見えます。

体高は58-71cmで体重は18 - 27 kgほどになっております。

雌はこの中で比較的小さいサイズになります。

被毛はすべらかで、柔らかくソフトな絹のような被毛で、すらっとしている脚やふとももの後ろにはフェザリングと呼ばれる羽毛のような飾り毛が見られます。

この飾り毛は成犬では喉に見られることもあります。

耳も長いシルキーな被毛に覆われています。

被毛の色は様々あり、JKCでもいかなる色でも許容されるといわれておりますがブリンドル(主とする色に他の色の差し毛がくまなく混ざっているもの)はあまり好ましくないとされています。

スムースタイプのものはこのフェザリングがなくなります。 尻尾は先端が飛節(下腿とパスターンの間に位置する後肢の関節のこと、人間のかかとのこと)に届く位長いです。

また、自然なカーブを掲げられています。

尻尾は成犬になると遊んでいるとき以外ではトップラインより上に掲げられることはありません。

サルーキの性質

サルーキは内向的で控えめな性格だが神経質だったり、攻撃的だったりすることはないと言われています。

そのため初対面の人にはよそよそしく警戒するときがあるかもしれませんが基本的にはやさしく、穏やかでおとなしいといわれています。

サルーキは学習能力が高く賢いですが、飽きっぽいともいわれておりしつけをする際にはこの性格を念頭においた上でしつけをする必要があります。

また、人に命令されるよりも自分でかんがえて行動するタイプの犬になります。

サルーキは走るのが大好きになります。

そのためドックランで思いっきり走らせてあげることはストレスをためないようにするのに大切なこととなります。

また、鎖でつないで飼育したり、ケージ飼いもストレスをためてしまいますのでなるべく室内飼いや広い庭での放し飼いが理想になります。

サルーキのボディはスムースになりますので濡れたタオルで軽く拭く程度で問題ありません。

フェザリングの部分は毛玉にならないようにブラッシングをしてあげましょう。