四国

四国のかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

四国

かかりりやすい病気

  • 皮膚疾患
  • アレルギー性皮膚炎
  • 副腎皮質機能低下症

四国とは

四国は名前のとおり日本の四国を原産地とする犬になります。

四国の歴史は古く紀元前の古くから存在していた中型犬が祖先といわれています。

四国は四国の高知県の山岳地帯 でイノシシなどの狩猟犬として活躍していたヤマイヌと呼ばれていた犬が祖先犬と言われています。

高知県の土着犬のため当初は『土佐犬』とよばれていました。

しかし、土佐藩で闘犬が盛んになった江戸の後期から明治にかけて、四国犬にイングリッシュ・マスティフ、オールド・イングリッシュ・ブルドッグ、ブル・アンド・テリア、グレート・デーンなどを後配して『土佐闘犬』が作出されました。

これにより土佐闘犬と土佐犬混ざってしまうため後に四国に名称が変更されました。

主に実猟で使用される犬でしたので産地ごとに少しずつ違いがありました。

当初はいくつかの地方ごとに系統がありましたがその後『阿波系』『本川系』『幡多系』の3つの系統が残りました。

この中で最も僻地に生息していた『本川系』が一番四国犬の純粋さを保つことができました。

1937年には国の天然記念物に指定されています。

四国の容姿

四国はボディが10:11の均等の取れた体格で体高が雄で49-55cm、雌で46-52cmほど、体重が15-30kg前後の中型犬になります。

日本犬の中で最も素朴な外見をしているといわれていて、絶滅したニホンオオカミとの見間違い候補としても挙げられることのある犬種になります。

古来より実猟で使用されていた犬になりますから実際にニホンオオカミと交配されていたのではないかとも言われています。

四国は日本犬の特徴である立ち耳・巻き尾・三角形の目をもっています。

また、被毛はダブルコートでオーバーコートはやや硬く真っ直ぐでアンダーコートは柔らかく密生しています。

色は胡麻と赤、黒褐色の3色があります。

四国の性質

四国はとても猟欲が旺盛な犬種です。

そのため一般的に家庭犬として飼育するのは難しいかもしれません。

飼育にあたって、しつけは必須になります。

昔からの名残で、気が強いところがありますのでしっかり飼い主がコントロールできないと咬傷事故などを引き起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

ノーリードにするのは避けましょう。

四国は頭のよい犬なので物覚えがよいため、基本的にはしつけも入りやすい犬種になります。

飼い主に対してはとても従順な犬なので、子犬の頃から十分に信頼関係を気づいてから主従関係は重要なポイントになります。

また、体力と持久力にとても優れているため運動量がとても多いです。

1日2時間ほどの散歩は必要で、自転車の引き運動やドックランなどで思い切り走る時間は必要となります。

しかし前述の通り、気性が荒いところがあるので他の犬との接触には十分留意しましょう。

運動不足が続くストレスで問題行動を起こす可能性がありますのでストレス溜めないようにしてあげてください。

四国はとてもクールでオオカミのような精悍な見た目をしている、とても魅力的な犬になります。

飼育する際はしっかりと四国の性質を理解うえ責任を持って飼育しましょう。