毛球症

猫の毛球症(もうきゅうしょう)は、毛づくろいをした時に飲み込んだ自分の毛が消化器官に残ってしまい、吐き出すことも排便することもできなくなる状態のことです。

今回は、そんな毛球症の症状や原因、予防方法などをご紹介していきます。

毛球症にかかりやすい猫種

猫の毛球症の主な症状

猫が毛球症になった時の主な症状としては、「食欲不振」「便秘」「吐く素振りを見せる」「お腹を触られると怒る」などがあります。

猫は吐き戻すのが上手い動物なので、基本的には胃の中で消化できなかったものを吐き戻すことができます。

しかし、何らかのトラブルによって吐き戻しをうまく行えなくなると、毛球症となってしまうわけです。

では、その原因は一体何なのでしょうか。

毛球症の主な原因として

毛球症の主な原因としては、「ストレス」や「ブラッシング不足」などがあります。

猫のストレスが溜まることでグルーミングの頻度が高まると、飲み込む毛の量も増えてしまうため、毛球症のリスクも高くなるのです。

また、飼い主がブラッシングを怠ると、当然猫が飲み込む毛の量も増えてしまいます。それが毛球症の原因となってしまうのです。

ただし、高齢の猫の場合は、ブラッシングをしっかりと行っていても吐き戻しがうまく行えずに毛球症に繋がるというケースも少なくありませんので、より注意が必要と言えるでしょう。

発見するには

毛球症になると、食欲が低下したり、お腹を触られることを嫌がったりという症状が現れます。

そのため、日常生活の中でこういった変化に気づけるようにしておくことが大切と言えるでしょう。

また、毛球症の症状の1つに「便秘」もありますので、健康状態のチェックも兼ねて、トイレもしっかりと確認するようにしてください。

毛球症の予防方法

毛球症の予防方法として最も効果的なのは、毎日のブラッシングを欠かさないことです。

毎日のブラッシングによって無駄毛を取り除いてあげれば、猫が飲み込む毛の量も減らすことができるため、毛球症予防にもつながります。

また、毛球ケア効果のあるキャットフードも販売されていますので、上手く活用してみてください。

毛球ケアフードには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の予防・改善に繋がります。

毛玉が胃に長時間とどまると、固くなって詰まりやすくなりますので、食物繊維によって胃腸の働きを活発にしてあげましょう。