糖原病

糖原病は、「グリコーゲン貯蔵症」とも呼ばれており、糖原を上手く利用することができずに体内に溜まってしまう病気です。

今回は、そんな糖原病(グリコーゲン貯蔵症)の主な症状や原因、予防方法などについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

糖原病にかかりやすい猫種

猫の糖原病の主な症状

糖原(グリコーゲン)は、体内の貯蔵エネルギーの1つであり、肝臓と筋に多く蓄えられているものです。

糖原病は、その糖原の利用に異常が起き、体内に多く蓄積されてしまう病気なのです。

そんな糖原病には10種類前後の病型があり、糖原が蓄積する組織によって分類されます。(肝臓なら肝型、筋なら筋型、肝臓と筋なら肝筋型、心筋なら心筋型など)

具体的な症状としては、筋力の低下や肝臓肥大などがあります。

また、心不全のリスクも0ではありませんので、このような症状が現れたら早急に病院で受診することをおすすめします。

糖原病の主な原因として

糖原病の原因の大半は、「常染色体劣性遺伝」であると言われています。

糖原(グリコーゲン)の合成や分解には、酵素の働きが必要なのですが、その酵素に遺伝子異常があると糖原が肝臓や筋に蓄積されてしまうのです。

その結果として、肝臓や筋に様々な症状が現れてしまうということです。

発見するには

糖原病を発見するための明確な方法は存在しませんが、主な症状として筋力の低下や肝臓肥大などがあります。

そのため、日々の生活の中でおかしな行動を取っていたり、褐色尿になったりしていしたら、早急に病院で受診するようにしてください。

また、血液検査によって糖原病の疑いが判明したというケースもあるようです。

糖原病の予防方法

肝型糖原病の場合は、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンからグリコースを産生することができずに、低血糖を引き起こしてしまいます。

そのため、ビタミンやミネラルなど、適切な栄養素を補給できるフードを用意することが重要と言えるでしょう。

定期的な健康診断によって、摂取するべき栄養素、摂取を減らすべき栄養素を医師と相談し、適切な栄養素が含まれたフードを与えるようにしてください。