銅蓄積肝障害(銅起因性肝炎)

銅蓄積肝障害(銅起因性肝炎)とは、肝臓での銅の代謝が悪くなり、銅が蓄積されてしまう病気のことです。

今回は、そんな銅蓄積肝障害(銅起因性肝炎)の症状や原因、予防法などについて詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

銅蓄積肝障害にかかりやすい猫種

猫の銅蓄積肝障害の主な症状

銅蓄積肝障害の主な症状としては、「食欲不振」「嘔吐」「下痢」「体重の減少」「腹水」などがあります。

基本的に、銅蓄積肝障害の初期段階では、ほとんど症状が見られませんが、上記の症状が出始めた場合は、慢性肝炎や肝硬変などのリスクがあるとされています。

ただし、病気の進行具合や猫種によって症状は異なるため、必ずしもこれらの症状が現れるとは限りません。

銅蓄積肝障害の主な原因として

銅蓄積肝障害は、銅の代謝障害によって引き起こるわけですが、これは遺伝によるものだと言われています。

そのため、親が銅蓄積肝障害を抱えていた場合、生まれてくる子どもも銅蓄積肝障害の可能性があるわけです。

放置しておくと、慢性肝炎から肝硬変に進行する可能性もありますので、少しでも銅蓄積肝障害の疑いがある場合は、早急に病院で受診するようにしましょう。

発見するには

先ほどご紹介したような症状が現れた場合は、銅蓄積肝障害の可能性も考えられますので、できるだけ早く病院へ行くことをおすすめします。

健康状態の変化を見極めるためにも、日々のブラッシングやスキンシップの時間を大切にしなければなりません。

こういった「触れ合い」の時間を持つことは、健康状態の変化を察知するために欠かせないものだからです。

銅蓄積肝障害の予防方法

銅蓄積肝障害は遺伝によって起こるケースが大半なので、予防するのは難しいと言わざるを得ません。

しかし、早期発見によって重症化を遅らせることは可能です。

そのため、日々の健康状態をしっかりと管理したり、定期的な健康診断を受けたりすることは極めて重要と言えるでしょう。

家族の一員である猫と末長く暮らしていくためにも、定期的に病院へ通い、健康状態を常に把握しておくことをおすすめします。