椎間板ヘルニア

人間にもよく見られる椎間板ヘルニアは、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしている椎間板(軟骨)という組織が変形して歪み、正常な位置から飛び出してしまっている状態を指します。この飛び出した椎間板が骨髄を圧迫し様々な神経症状を引き起こします。動物は初期症状の段階で腰の痛みなどを訴えることができないため、飼い主が気付いたときには症状が悪化してしまっているケースも少なくありません。

猫の椎間板ヘルニアの症状

猫は痛みを言葉で説明をすることができませんが、初期症状では、脊髄が変形した椎間板で圧迫を受けることで炎症が起きて痛むため、背骨を上から触ると腰を落とす、触られることを嫌がるといったそぶりを見せる場合があります。

症状が進行して重度のものになると、ふらついたり、足を引きずるなど歩き方がおかしくなる、運動を嫌がって横になるといった症状が見られます。

更に症状が進行してしまうと、自力での歩行や排泄ができなくなります。

猫の椎間板ヘルニアの原因

猫の椎間板ヘルニアには原因がいくつかあります。

近年では、肥満による症状の発症が多くなってきています。

太っていると背骨への負担が大きくなり、それに伴い椎間板にも同様の負担が出てきます。

また、外を出歩いている猫は交通事故や高所からの落下など、外的要因で背骨に衝撃が与えられることでヘルニアになることもあります。

他にも、加齢によって椎間板のクッションの役割を果たしているコラーゲンが減少することで椎間板が飛び出しやすくなるといったケースもあります。

椎間板ヘルニアになってしまうと

ヘルニアは症状が軽いうちに早めの治療を行えばそれ以上の悪化を防ぐことができますので、気になる症状が現れたら早めに動物病院で診療を受けるようにしましょう。

症状が初期の軽い場合には抗炎症剤などを使って痛みや炎症を抑えて様子を見ますが、症状が重くなると、外科手術を行います。

術後は神経が回復するのに時間がかかりますので、歩行能力を回復するためにリハビリを行う必要があります。

椎間板ヘルニアを予防するには

まずは何よりも腰に負担をかけないことが一番です。

適切な食事の管理と運動で、猫が肥満にならないよう心がけてください。

また、落下や交通事故でのリスクを減らすためにも外には出さずに室内外にしておくことも大事です。

猫の椎間板ヘルニアは、マンチカンなどの骨格が改良された品種やメインクーンなどの体重の重い大型の猫が発症しやすいといわれています。

こうした大型の猫を飼われている場合は、高いところからの飛び降りを防ぐためにキャットタワーの高さを調整するようにしましょう。

椎間板ヘルニアは早期発見と早期治療がとても重要ですので歩き方や様子が少しでも変だと感じたら、すぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。