尿路結石症

尿路結石症とは、尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の中に結石ができてしまう病気です。

結石の大きさは、数ミリのものから数センチまでと大きさに幅があり、結石が膀胱の粘膜を傷つけてしまうことで膀胱炎を併発することもあります。

尿路結石症になりやすい猫種

猫の尿路結石症の症状

猫の尿路結石症は尿道が狭くて長いオスの猫が比較的、発症しやすいと言われています。

元々、猫は水をあまり飲まないので、泌尿器系の病気を発症しやすい傾向にあります。

猫に尿路結石ができると、以下のような症状が見られます。

  • トイレの時間が長くなる、回数が増える
  • トイレ以外の場所で粗相をしてしまう
  • 尿が少ない
  • 排尿時に痛がって鳴く
  • 血尿が出る

トイレの際に猫がそわそわしたり、普段と違うような行動を取っていたりしたら、早めに病院に連れて行くようにしましょう。

猫の尿路結石症の原因

体内の老廃物は、腎臓で濾過されて尿管を通り、膀胱にたまって尿道を通り尿として体外に排泄されます。

老廃物の中には尿の中で結晶を形成してしまうのもがあり、これが有機物やミネラルと融合すると大きくなって、結石となってしまうことがあります。

また、尿のpHバランスが崩れることでも結石ができやすくなります。

尿が酸性寄りになるとできるのが「ストルバイト」、アルカリ性に傾くとできるのが「シュウ酸カルシウム」で、この2つが猫に多い種類の結石であると言われています。

結晶化のはっきりした原因については判明していませんが、ミネラル分の過剰摂取や細菌感染からの膀胱炎、水分摂取量の減少や排尿を我慢してしまうことで尿が濃くなってしまう、ホルモンバランスの乱れや遺伝など、様々な要因が考えられます。

尿路結石症を予防するには

一度できた猫の尿路結石を予防するには、尿のpHが適正な値を維持できるフードを選んで与えるようにするなど、普段与える食事の内容を見直すようにしましょう。

また、尿の成分が濃くなると結石ができやすくなるので、室内に水飲み場を増やし、水をできるだけたくさん飲ませるようにすることも大事です。