白内障

猫の白内障は、人間や犬に比べて発症しにくい疾患ですが、後天的な要因で発症することがあります。

今回は猫の白内障の起こる原因や治療法、予防法などを詳しくご紹介していきます。

白内障になりやすい猫種

猫の白内障の症状

白内障は進行するにつれ、瞳孔の奥の水晶体が白く変色していき、視覚障害を起こす病気です。

猫が白内障にかかった場合、初期段階では水晶体が白く濁ったりする範囲が狭く発見が難しいと言われています。

片目だけに発症するともう片方の目で視界を補い、日常生活に不自由しないので発見が遅れてしまいます。

両目に発症した場合は、視界がぼやけて見えなくなることで部屋の壁や柱にぶつかったり、段差につまずいてしまうなどの症状が見られるようになります。

また、ちょっとした物音にも驚くなど、視覚の衰えからくる行動異常が起こることがあります。

猫の白内障の原因

人や犬に比べて、猫の白内障は先天的な遺伝が要因で発症することはまれですが、ペルシャ、バーマン、ヒマラヤンなど、一部の種類の猫で先天性の白内障の例が報告されています。

後天的な要因としては、外傷や眼の炎症が原因で発症することがほとんどです。

猫同士のケンカや事故などで眼球に外傷を負ってしまったり、緑内障やブドウ膜炎、糖尿病など他の基礎疾患からの併発、ナフタリンなどの有害物質などが原因とされています。

猫の白内障の治療

猫の白内障の主な治療法には、初期段階での内科的治療と外科治療があります。

初期段階では、白内障の進行を遅らせたり、症状を緩和させるための薬を処方します。

内科治療は対処療法となり完治させることは難しいため、症状が重度の場合は外科的治療を行います。

外科治療では白濁した水晶体を手術で取り除く治療を行います。

水晶体を摘出したあとは、眼内に人工レンズを装着する場合もあります。

白内障を予防するには

猫の白内障は犬に比べて発生頻度が少なく、ほとんどが外傷性のものや、他の眼疾患から併発してしまうことが原因です。

外傷性の白内障を予防するには、他の猫とケンカをしないよう室内での飼育を徹底したり、多頭飼いの際にも相性が良い猫同士を選ぶようにするといったことで予防となります。

他の眼疾患や病気が原因となって発症するケースもありますので、普段から猫の瞳の状態などを確認し、変わった様子があればすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。