肥大型心筋症

肥大型心筋症とは、心室壁を形成している心筋が肥大して分厚くなることで心室腔が狭くなりに全身に十分な血液が流れ込むことができなくなり、血液の循環不全を起こしてしまう病気です。

今回は、猫の肥大型心筋症が起こる主な原因や治療法、予防法についてご紹介します。

肥大型心筋症になりやすい猫種

猫の肥大型心筋症の症状

  • 食欲の低下
  • 後肢不全麻痺
  • 呼吸が荒くなる
  • 運動を嫌がる
  • ショック症状による失神
  • 突然死

肥大型心筋症は、目に見える症状が現れにくく、上記のような症状が出た頃にはかなり進行しているケースがほとんどです。

初期症状がないケースも多く、気付いた時には「突然死」を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

また、心室腔が狭くなるために心房に心室に送り込まれない血液が滞留し心房が拡張することによって肺水腫を引き起こします。

血液の循環不全によって血流が滞ることで、血栓ができやすくなります。

腹大動脈から腸骨動脈へとながれた血栓が塞栓症を引き起こすこともあります。

足の血管に詰まった場合は麻痺を起こし引きずって移動するようになります。

これらは猫に多く見られます。

いずれにしても血栓が詰まってしまうとショック症状で死に至るケースもありますので、上記のような症状が見受けられた場合は、早急に動物病院で診察を受けてください。

猫の肥大型心筋症の主な治療法

肥大型心筋症の主な治療法は「内科療法」です。

循環不全によって肺に水がたまっている場合は利尿剤を用いる、血管拡張薬や強心剤などを用いて循環不全を解消する、血栓が出来ている場合は外科処置か血栓を溶かす薬を使用する、といったようにそれぞれの症状にあわせた対処療法を行います。

猫の肥大型心筋症の予防法

猫の肥大型心筋症に関してははっきりとした発症の原因が分かっておらず、未然に発症を防ぐことは難しいと言わざるを得ません。

その代わり、発症した場合に症状を出来るだけ抑えて、病状の進行を遅らせることは可能です。

初期症状が見られない可能性もあるという点などを踏まえると、年に1度は定期健診を受けることをおすすめします。

若年齢でも発症するリスクはありますので、定期検査を受けるようにしてください。