ホルネル症候群

ホルネル症候群は眼に繋がる交感神経系に障害が起きることによって引き起こされる病気です。

原因となっている疾患を治癒することで、ホルネル症候群は自然治癒することもあります。

すぐに死に至るような病気ではありませんが、原因となる疾患の中には腫瘍(がん)や外傷なども含まれているので、症状が現れた場合は速やかに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

ホルネル症候群にかかりやすい猫種

猫種問わず、発症する可能性があります。

猫のホルネル症候群の症状

ホルネル症候群の症状は、顔の片側だけに現れることが多いです。

ホルネル症候群では、傷害された神経線維と同じ側の眼に症状が出ます。

顕著に現れる症状として、以下があげられます。

  • 瞳孔が小さくなる(縮瞳)
  • 瞬膜が露出する
  • 眼球が落ち、くぼむ
  • まぶたが垂れ下がる

視力に影響はありません。

猫のホルネル症候群の原因

眼に分布する交感神経の神経線維は、まず脳から脊髄へ、さらに胸部で脊髄から出た後、首の頚動脈のそばを通って頭部に戻り、頭蓋骨の内部を通過して眼に到達します。

この経路のどこかに障害が起きるとホルネル症候群が起ります。

多くは原因不明ですが、下記のものがあげられます。

脳幹の病変

頭部の外傷、炎症、腫瘍などが原因でホルネル症候群を引き起こすことがあります。

脳幹の病変が原因でホルネル症候群を発症した場合、原因がある側と同じ側の筋肉になにかしらの症状が現れます。

脊髄の病変

椎間板ヘルニア、腫瘍、繊維軟骨塞栓症などの脊髄の疾患が原因で、ホルネル症候群を引き起こすことがあります。

症状が現れている側と同じ側に、「麻痺」の症状が見られます。

交感神経幹の病変

外傷、縦隔腫瘍、首や胸の手術に伴う医療ミスが原因で、ホルネル症候群を引き起こすことがあります。

中耳の病変

外傷、腫瘍、中耳炎、鼻咽頭ポリープなどが原因で、ホルネル症候群を引き起こすことがあります。

中耳の病変が原因でホルネル症候群を発症した場合、症状が出ている側と同じ側の顔の筋肉や、前庭神経にも症状が現れます。

眼球後部の病変

外傷、腫瘍、膿瘍などが眼球後部にできることによって、ホルネル症候群を引き起こすことがあります。

この場合、症状が現れている側と同じ側の各種脳神経にも、障害をきたしていることがあります。

猫のホルネル症候群の予防と早期発見

ホルネル症候群を引き起こす原因となる疾患のほとんどに、外傷や腫瘍などが含まれます。

普段から怪我をしないように気を付けるのも飼い主の役目ですが、定期的に健康診断を受けさせることでよりリスクを減らすことができるでしょう。

ホルネル症候群は、原因となる疾患を見つけるサインとも取れます。

症状が確認できた場合は速やかに獣医師の診察を受けましょう。