股関節形成不全

犬では幼~成犬でみられることのある病気ですが、猫でも見られることがあります。

猫の股関節形成不全は、先天的に股関節の形状に異常がみられる状態のことを言います。

股関節形成不全になりやすい猫種

基本的に遺伝性疾患なので、下記の猫種がなりやすいといわれています。

猫の股関節形成不全の症状

猫の股関節形成不全の発症時期としては、犬と同様に成長期にみられ、よく見られる症状や行動としては、うさぎ跳びのように同時に蹴るように歩く、腰を左右に振りながら歩くなどが挙げられます。

また痛みも伴うため、しっかりとした座り方ができず、横すわりしてしまったり、ひどい場合には股関節の脱臼になってしまったりすることもあります。

うさぎ跳びのような歩行は股関節形成不全において非常に特徴的ですので、こういった症状が見られた際には、お近くの動物病院へ相談、診察を受けてみましょう。

死に直結する病気ではありませんが、痛みがある病気ですので注意が必要です。

猫の股関節形成不全の原因

猫の股関節形成不全の主な原因として、「遺伝」が挙げられます。

特にヒマラヤン、ペルシャ、メインクーン、デボンレックスなどが猫種的に発症しやすいとされています。

猫の股関節形成不全の予防

遺伝による発症リスクに関しては、予防することがとても難しいです。

股関節形成不全は目に見えてわかりやすい症状がでやすいので、何か異変に気づいたら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。