緑内障

緑内障は犬や人間も発症する病気です。

しきりに目をこする、活動的ではなくなるといったいつもと違う行動が見られる場合はすぐに医療機関へ相談するようにしましょう。

緑内障になりやすい猫種

緑内障を起こすなんらかの遺伝素因あると考えられる下記の猫種がなりやすいといわれています。

猫の緑内障の原因

目の中にある眼房水と呼ばれる水があり、この水により圧力(眼圧)により眼の硬さ(張り)や大きさが保たれているのですが、何らかの原因で房水の出口である隅角が詰まることにより房水の排泄(はいせつ)が悪くなり、眼圧が上昇します。

遺伝的に起こる「先天性緑内障」での発症もありますが、原因が不明な「原発性緑内障」、他の眼の病気を引き金に起こる「続発性緑内障」が多いとされています。

続発性緑内障の原因は猫伝染性腹膜炎(FIP)や猫白血病ウィルス(FeLV)感染症、トキソプラズマ症、ブドウ膜炎などが考えられます。

猫の緑内障の症状

  • 目が大きく見える
  • 目を痛そうにしばしばさせる
  • 充血している
  • 見えていない様子

上記の症状がでた場合には注意が必要です。

白内障とは違い、一度緑内障になり失明すればどんな治療を施しても、視力が戻る事はありません。

痛みがあり、最悪失明に至る病気ですので早期治療が必要です。

猫の緑内障の予防

緑内障は予防することが非常に困難な病気です。

症状がわかりにくいため、気になる場合は定期的に眼圧を検査することをおすすめします。

初期症状の段階では失明に至ることなく治療ができる場合がありますので眼の異変に気づいたらすぐに受診するようにしましょう。

ネコちゃんの眼の大きさや瞳孔の大きさ、視覚の狭まりによる行動がないか飼い主がよく見守ることが大切です。