犬の膝蓋骨脱臼

膝蓋骨は、一般的に「膝の皿(ひざのさら)」と呼ばれる部分をさします。

膝蓋骨脱臼とは、膝の関節が横方向にずれ、外れてしまう症状のことをいい、膝蓋骨脱臼は、小型犬に発症しやすい傾向があります。

かかりやすい犬種

小型犬全般

ミニチュアダックスフンド

ポメラニアン

トイ・プードル

イタリアン・グレーハウンド

チワワ

マルチーズ

ボストンテリア

など

原因

先天性と、後天性の原因があります。

先天性

生まれたときから、膝の関節を覆う筋肉や骨の形などに異常があり、それが原因で脱臼をおこしてしまうものです。

後天性

後天性の原因は、物理的なケガの影響や、生活習慣(生活環境)で発症します。

室内であっても、高いところから飛び降りた際などに足や膝を強く打つなどの原因で発症することもあります。

また、滑りやすい床の上で生活するなど、環境による原因で発症することもあります。

発見してあげるために

膝蓋骨脱臼があっても、膝のお皿がうまくはまっていれば症状が認められないこともあります。

しかし、膝のお皿の位置がずれる(脱臼する)と違和感や痛みを伴うため、歩行時に後肢を浮かせて歩く、いつもと違う歩き方をするといった症状が認められるようになります。

膝のお皿が脱臼したまま時間が経過すると、関節炎の発症や骨・関節の変形が起こってしまい、通常の歩き方に戻らなくなってしまうこともあります。

普段から、わんちゃんの歩き方や走り方、日常生活の動きを観察し、異常が認められた場合は早めに動物病院に受診してください。

予防

生活環境が原因で発症する膝蓋骨脱臼を予防するためにも、生活環境をわんちゃんに合わせてあげることが大切になります。

例えば、滑りやすいフローリングの上で歩いたり走ったりすることでわんちゃんが足を滑らせてしまい、それが原因で脱臼を起こしてしまうことがあります。

そのため、よく歩く箇所には滑りにくくする工夫(マットを敷く、滑りにくいフローリングを用意するなど)をすることで、足にかかる負担を軽減させてあげることができます。

また、爪がのびたままであったり、肉球の間の毛が伸びていたりすると、歩くときに引っかかったり滑ってしまう可能性が高くなるため、日ごろから爪きりや足裏の毛のカットを行うことでも予防ができます。

小型犬のペットオーナー様は、いつも注意深く歩き方を確認してあげて下さい。