犬の前十字靭帯断裂

大型犬 中型犬に多く見られますが、小型犬にも見られる病気です。

犬の前十字靭帯断裂にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

ゴールデン・レトリーバー

ラブラドール・レトリバー

犬の前十字靭帯断裂の症状

前十字靭帯が損傷、または断裂するとその痛みに伴い足を引きずったり、足をかばうように片足のケンケン歩きなどが見られます。

また立ったり座ったりする行為にも支障が出てきます。

この症状には急性または慢性のものがあり、急性の場合は上記の症状が顕著に見られます。

前十字靭帯は体重を支える部分のため、大型犬でははっきりとその症状が現れ、逆に体重の軽い犬種では症状がわかりにくいため特に注意が必要です。

また、加齢に伴い発症が多く見られる反面、大型犬などでは若い時期にも見られることがあります。

原因として

多くの場合は交通事故などで外から急激な圧力がかかったり、フリスビー競技などで激しいダッシュやターンを繰り返しているときに発症します。

また、非常に太っていて常に膝関節に負担がかかっている場合や、高齢で靭帯が弱くなっている場合には少しジャンプしたり、走ったりしただけできれてしまうこともあります。

発見するには

大型犬は歩き方がおかしい、または足を投げ出した状態で座るなど、普段と明らかにおかしい様子が見られるため発見しやすいのですが、小型犬では症状が見つけにくい場合もあるため注意が必要です。

少しでも様子がおかしい場合はすぐにお近くの動物病院へ受診、相談してください。

予防

犬の膝は人と異なり、常に曲がった状態にあります。

ですから人の膝よりも常に十字靭帯には負担がかかっていて体重オーバーになればその負担はより大きなものとなります。

そのため予防で最も大切なことはまず肥満にしないということです。

そして常に適度な運動を行って強い靭帯を作っていくとよいでしょう。