犬の白内障

多くは加齢が原因により見られる症状です。

犬の白内障にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

シー・ズー

パグ

など

犬の白内障の症状

水晶体の全体や一部が白く濁ったように見られる症状で、私たち人間と同様にワンちゃんも加齢に伴い見られる目の病気です。

一般的には6歳を過ぎた頃より症状が見られ、場合によっては失明することがあります。

白内障が起こす基本的な症状として視覚障害になります。そのため、物にぶつかったり、つまづいたりするなどが見られます。

似たような症状として核硬化症という病気もありますが、こちらは視覚障害を起こすことが無い為、区別が必要です。

原因として

加齢

原因として、私たち人間同様加齢が原因で発症することが多く見られます。

遺伝

加齢が原因で無い場合、「先天性白内障」、「若年性白内障」の可能性があり、これらの原因の一つとして遺伝によって引き起こされることがあります。

その他

糖尿病などの基礎疾患や緑内障の二次的として発症する場合があります。

発見するには

通常、飼い主が白内障を早期発見する事は難しいですが、定期的な健康診断をすることで早期発見に繋がります。

早期発見であれば失明を防ぐ、または進行を遅らせることも可能ですので、わんちゃんがよくものにぶつかったり、つまずくなど行動に普段と変わった様子がある場合には、早めに動物病院の診察を受けることをお勧めします。

予防

予防しづらい病気のため、日々のチェックが重要となります。

毎日とはいいませんが、こまめに目や行動のチェックなどをして早期発見に努めましょう。