犬の緑内障

大型犬 中型犬に多く見られますが、小型犬にも見られる病気で、特に高齢時に発症しやすい病気です。

眼球の内圧(眼圧)が高まることによって網膜や視神経が影響を受け、視野が悪化する病気です。

犬の緑内障にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

トイ・プードル

マルチーズ

シーズー

ボストンテリア

ケア―ン・テリア

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

アメリカン・コッカー・スパニエル

シベリアンハスキー

秋田犬

アラスカンマラミュート

シャーペイ

サモエド

チャウチャウ

犬の緑内障の症状

視野の挟まり、散瞳(瞳孔が開きっぱなしになる)、眼球突出(牛眼)、角膜炎や結膜炎などの症状が見られます。

また、痛みを伴うため、顔に触れると嫌がる様子が見られます。

失明する可能性のある病気のため、すぐに治療する必要があります。

原因として

眼球の中を循環している房水(ぼうすい)と呼ばれる液体の還流悪化により起きる病気です。房水の流れが阻害され、眼圧が高くなってしまうことによって起こるため、原因によって、先天性(生まれつき、房水の流出路に異常がある場合)、続発性(他の病気、例えばブドウ膜炎、水晶体脱臼、外傷や腫瘍などが原因で起こる場合)、続発性(原因不明の場合)に分けられます。

発見するには

症状の項目で紹介したような行動、物にぶつかる・動きが鈍る・顔を触ると嫌がるなどが見られた際には症状として疑ってよいでしょう。

早期発見が難しく失明のリスクがある病気のため、少しでも心配な様子があれば、すぐにお近くの動物病院へ受診してください。

予防

緑内障に対する明確な予防法はなく、早期発見が一番のカギになります。

普段から愛犬の眼の健康に注意し、緊急の際に対応してもらえる眼科病院をあらかじめ調べておくことも大切です。