犬の外耳炎

大型犬、中型犬、小型犬 全般に発症しますが、特に耳が垂れている犬種で発症しやすい病気です。

犬の外耳炎にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

シー・ズー

マルチーズ

シェットランド・シープドッグ

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア

アメリカン・コッカー・スパニエル

犬の外耳炎の症状

犬の外耳炎の症状として多く見られるのは、耳や耳垢の臭いがきつい、耳や耳の付近を掻こうとする、頭を振るなど痒がっているような行動が見られます。

悪化すると耳の内部で出血などが起こりただれたり膿んでしまったり、鼓膜が破けることがあります。

原因として

外耳炎の原因として、細菌やダニ、その他異物が耳に入って炎症を起こすことが多く見られます。

また、体を洗った際にシャンプーや水などが耳に入ってしまうと原因に繋がってしまうので、洗体後は耳の内部を軽くふき取るなどしてください。

その他アトピー性皮膚炎やその他アレルギーなどが原因になることもあります。

発見するには

耳や耳垢の臭いがきついなどの症状や、執拗に耳やその付近を足や壁・床などで掻こうとする行動が見られたら注意が必要です。

最寄の動物病院への診察、相談が必要になります。

予防

原因でも述べたように、耳の内部の清潔を保つことが予防に繋がりますが、ケアのしすぎによる擦過傷や間違ったケアにより耳の中を傷つけてしまう事が原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

耳のケアの方法などについては動物病院で獣医さんに相談して見ましょう。