難聴

犬種に関わらず、特に高齢時に発症しやすい病気です。

高齢化に伴い、または生まれつきなど、耳が聞こえづらい、または全く聞こえない、片方の耳のみ聞こえるなど聴覚の障害を難聴といいます。

犬の難聴にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

ダルメシアン

ミニチュアダックスフンド

犬の難聴の症状

私たち人間でも、高齢、年を取るにつれて耳が聞こえづらくなったなんて事はよくあります。

また、生まれつき耳が聞こえづらい、または全く聞こえない、片方の耳のみ聞こえるなど聴覚に障害を持った方もいらっしゃいます。

同じくワンちゃんやネコちゃんでも同様に高齢時に発症する後天性によるもの、または生まれつきなどの先天性の難聴などがあります。

基本的な症状としては声かけやその他音に対し反応が薄い、または反応が無い、急に触られることを嫌がるなどが見られます。

しかし視覚障害などに比べて発見し辛い面もあり、声かけなどコミュニケーションの相違により発見されることがありますが、しっかり理解して接すれば、普段通りの生活が送れる可能性もあります。

原因として

先天性難聴

先天性難聴は遺伝によるものが多くみられ、生まれつき聴力を持たないものや、耳の内部の成長が正しくされず、生後まもなく聴力が失われるものもあります。

後天性難聴

後天性難聴の原因はさまざまですが、症状でも書いたとおり高齢化によって発症する場合や、外耳炎などの耳の病気によって発症することもあります。

その他、脳の障害によって耳からの伝達が阻害されてしまい難聴になってしまうこともあります。

発見するには

両耳が難聴の場合は音への反応が鈍いことで発見しやすいですが、片方の耳のみ難聴の場合は生涯難聴であることに気づかない事もあります。

また高齢による難聴は、年相応に聴力以外、視力などにも影響が出ていることがあるので、定期的な診察をお受けすることをお勧めします。

ワンちゃんとのコミュニケーションによって発見することが多い病気なので、常日ごろより観察し、少しでも気になるようであれば、動物病院での診察を受けてください。

予防

先天性のものや高齢化によるものについては予防法はありませんが、後天性のものであれば耳の内部を清潔に保つことやストレスを少しでも減らすことで予防に繋がると考えられます。

しかし最初に述べたように難聴であっても、飼い主の理解により普通に生活ができる病気でもあるので、飼い主のしっかりとした知識を持つ事も重要となります。