歯周病

犬種に関わらず、年を重ねることで発症しやすい病気です。

歯周病とは、口の中にある細菌によって引き起こされる炎症性疾患です。歯肉に炎症がおよんだものを歯肉炎、その歯肉炎が更に進行し歯根膜や歯槽骨にまで炎症の及んだものを歯周炎といい、歯肉炎・歯周炎と合わせたものを歯周病と呼びます。

犬の歯周病にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

犬の歯周病の症状

歯周病とは、口の中にある細菌によって引き起こされる炎症性疾患になります。

基本的な症状としては、初期は歯茎の赤みや腫れが見られたり口臭が気になりだし、その後痛みを伴いながら歯のぐらつきが見られ、最終的に歯の脱落まで進行してしまうことがあります。

また歯周病が進行してしまうと、歯根部まで炎症・感染が広がってしまいます。

犬の場合、上顎の歯槽骨のすぐ直上には鼻腔があります。歯石の細菌が歯槽骨を溶解してしまい、口から鼻腔へ瘻管を形成してしまいます。これを口鼻瘻管といいます。症状がここまで進行してしまうとくしゃみ・鼻水、鼻血などの症状がでることもあります。

眼の下(頬)が腫れ、膿が皮膚を破って出てきてしまうこともあります。

最悪、下顎の骨が薄くなりちょっとしたことで下顎骨折まで進行してしまいます。また、歯周病菌が血管を通って全身に広がり心臓、腎臓、肝臓などに悪影響を及ぼすこともあります。

原因として

主な原因は歯垢(プラーク)です。歯垢は細菌と食べ物のかすなどからなり、歯ブラシにより除去できます。歯石は歯石が唾液中のカルシウムなどを取り込んで石灰化したものであり、歯ブラシでは除去できなくなります。更に歯石の表面はザラザラしているため歯垢がつきやすくなります。

また、硬い食べ物などを口に含んだ際に出来てしまった傷などが原因で炎症になってしまう事もあります。

発見するには

私たち人間同様口臭を持たないワンちゃんはいません。

しかし、歯周病になるとその口臭も少しずつ強くなってきます。

また、歯茎の色や歯の付け根などの変色により発見することがあるので、少しでも気になったらお近くの動物病院で診察・相談をしてみましょう。

早期発見により、負担の少ない治療が受けられます。

予防

私たち人間は日々歯磨きをすることで歯周病を少しでも防ぐことはできますが、動物たちは自分たちで歯磨きすることがでません。

定期的な歯磨きを行いながら、口腔内のチェックを心がけましょう。

歯周病は軽視してはいけない疾患です。

歯石がついてしまうと歯石とりは全身麻酔をかけて行う場合がほとんどです。わんちゃんにとって全身麻酔はかなりの負担になってしまいます。

そのため毎日の定期的なケアを心がけて、歯石がつく前に予防をきちんとしましょう。

また、食事内容も歯の隙間に残りやすい軟らかいものから多少固めの食事に変更し、噛む力や回数を増やす事で唾液の量を増やす事も予防に繋がります。

歯磨きを嫌がるわんちゃんは動物病院へ相談をしてみましょう。