皮膚病

皮膚病は、犬の発症する病気ではその種類の多さから多くの割合をしめる病気で、犬種によって、なりやすい疾患などがあります。

また、皮膚病は2つの皮膚病を併発することや体全体の病気の症状の一部として現れることもあります。

ここでは代表的な皮膚病の種類とその症状について簡単に説明いたします。

アトピー性皮膚炎

私たち人間でも有名な皮膚炎ですが、同様にワンちゃんにも発症することがよくあります。

このアトピー性皮膚炎とは、アレルゲンという物質が体内に侵入し、免疫機能が過剰に反応することで発症する病気です。

この病気を発症すると激しいかゆみや皮膚のただれ、掻いてしまうことで脱毛になってしまうことがあります。

生活環境改善や投薬治療などで改善が見込まれます。

→アトピー性皮膚炎について詳しくはこちら

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は皮膚のターンオーバー(角化)の異常と皮脂腺の分泌機能の変化により発症します。
主な症状として、フケやかさぶた、皮膚のべたつき、かゆみや脱毛が見られます。

→脂漏性皮膚炎について詳しくはこちら

急性湿性皮膚炎

この急性湿性皮膚炎とは別名ホットスポットとも呼ばれます。

この疾患は高温多湿の環境、アレルギー、被毛の密度や長さ、ならびに被毛の手入れ不足(毛玉)などと関係しています。

皮膚が部分的に炎症を起こします。顔面、頭部または大腿部に発症しやすく、湿った被毛のもつれ、脱毛及び紅斑を特徴とします

また、症状の進行が早いことが特徴です。

例えば。朝はなんとも無かった皮膚が痒みや痛みのため舐めたり掻いたりして、お昼ごろにはその部分が血で染まっていたりする事もあり、飼い主が特に驚くことの多い病気です。

→急性湿性皮膚炎について詳しくはこちら

脱毛症

上記皮膚病を発症した際に、その部位を舐めたり掻いたりするとその多くに脱毛がみられます。

しかし、そういった兆候・症状が無くとも急な食事の変化、生活環境の変化によるるストレス性脱毛症も見られます。

私たち人間同様、ワンちゃんも生活環境の変化には敏感なのですね。

→脱毛症について詳しくはこちら

アペロシアX(脱毛症X)

アペロシアXは、別名 偽クッシング症候群やポメラニアン脱毛症、成長ホルモン不全症とも呼ばれます。などに多く見られる特殊な皮膚病・脱毛症で、いまだに不明な点が多く、また確実性な治療方もありません。

しかし幸いなことに痒みなどを伴わず、命にもかかわらない病気ですが、体毛の長いポメラニアンでは毛の抜けた部位が目立つことが最大のネックです。

→偽クッシング症候群について詳しくはこちら