アトピー性皮膚炎

犬種に関わらず、特に若年時(生後6ヶ月から3歳くらい)に発症しやすい病気です。

アレルギー反応をきっかけに発生する皮膚病で、強い痒みが伴います。

犬のアトピー性皮膚炎にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

トイプードル

パグ

ミニチュアダックスフンド

ブルドック

ダルメシアン

柴犬

犬のアトピー性皮膚炎の症状

犬におけるアトピー性皮膚炎の好発部位は、指の間、手首足首付近、マズル、目の周辺、結膜、腋の下、鼠径部、耳介、下肢部、肛門周辺などです。

好発年齢は1歳~3歳ですが早ければ3ヶ月頃から症状を示すこともあります。最初の頃は季節の変化に応じて症状が出たり消えたりしますが、徐々に期間が長くなり最終的に通年性になることが多いです。

かゆみ、乾燥により患部をひっかいたりこすりつけたり、舐めたりします。それが原因で皮膚が傷ついたり、ただれたり、脱毛、皮膚の肥厚が症状として現れます。

さらに発症する部位によっては濃皮症、外耳炎や結膜炎などを併発してしまうこともあります。

原因として

このアトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が低下した際にアレルギーの原因となるハウスダストやカビに含まれるアレルゲンが皮膚を通じて体内に侵入することで免疫機能が過剰に働き、アレルギー反応を起こし発症に至ります。

しかし遺伝でも発症する事もあり、未然に防ぐことは難しい病気となっています。

発見するには

ワンちゃんが痒がっている様子が見られる、また皮膚に赤みが見られる場合、アトピー性皮膚炎が疑われます。

アトピー性皮膚炎は耳や目の周り、足先、脇、内股、腹部に症状が現れやすいです。

皮膚炎・皮膚病は多くの種類があるため特定するには専門の動物病院での受診・診察することをおすすめします。

少しでも不安があればお近くの動物病院へご相談下さい。

予防

生活環境改善や投薬治療などで改善が見込まれますが、完治は難しい病気です。

強い痒みをもつ病気のため、発症した際に痒みを少しでもやわらげられるような環境を整えることが大切です。

また、アトピー性皮膚炎は慢性的な病気になります。そのため発症してしまったときには上手く付き合っていく方法を病院に相談しましょう。