犬の脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は皮脂腺の異常分泌や代謝性の異常・体質などの先天的な皮脂腺の異常から起こるものや、アレルギーや代謝性疾患など基礎疾患が原因となって皮膚の角化が更新して発症するものがあります。皮膚の角化(ターンオーバー)とは、表皮を校正する細胞の大部分である角化細胞が生まれてから垢やフケとなって剥がれ落ちるまでの課程を指し、犬種に関わらず様々な原因でその角化に異常が起こり、発症する可能性のある病気です。

犬の脂漏性皮膚炎にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

シー・ズー

ビーグル

ドーベルマン

ジャーマン・シェパード・ドッグ

犬の脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎の主な症状は激しい痒みや体臭、ベタつき、フケ、脱毛、発疹、紅斑、かさぶたなど様々です。また「油性脂漏症」「乾性脂漏症」「脂漏症皮膚炎」に分類することができます。

「油性脂漏症」は皮脂が過剰になり、皮膚や被毛はベタベタと油っぽく、黄色っぽい塊(油性の分泌物の塊)が皮膚が被毛と皮膚に付着していることがあります。また、体臭が強くなるのも特徴の一つです。

一方、「乾性脂漏症」は皮膚が乾燥して異常にフケが増えます

「脂漏症皮膚炎」は油性脂漏症が重篤化したものを指します。皮膚の炎症や赤みなどが見られ、かゆみも強いです。また、皮膚の色素沈着や苔癬化なども見られます。

かゆみにより自分で掻んだり、噛んだりすることによって傷を作ってしまうこともあります。

二次的に別の皮膚炎や外耳炎などを併発してしまうことがあります。

原因として

ターンオーバー(角化)の異常と皮脂腺の分泌機能の変化をもたらす原因は様々な基礎疾患が挙げられます。

ホルモンの異常

甲状腺ホルモンや副腎皮質刺激ホルモン、性ホルモンなどの分泌量により皮脂が異常に分泌されたり、二次的に皮膚の角化亢進が起こることで脂漏症の原因となってしまうことがあります。

食事

食事中の脂肪分の不足や質により皮脂の量が減ってしまったり、ミネラルやビタミンの不足により角化が進み脂漏性を発症することがあります。

アレルギー

アレルギーの治療薬であるステロイドにより新陳代謝が高まり角化が進むことがあります。

寄生虫・真菌感染

皮膚の寄生虫であるヒセンダニ(疥癬虫)やツメダニ、ノミなどの寄生虫、糸状菌・マラセチア真菌などが原因となって二次的に脂漏性皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

薬の副作用

アレルギーの治療薬であるステロイドにより新陳代謝が高まり、角化が亢進してしまうことがあります。

発見するには

犬が体を痒がる、皮膚が脂っぽい、体臭が気になりだした、フケが多くなってきたなど、それまでとは明らかにおかしい症状がみられるので、なるべく早めに動物病院で受診・診察を受けてあげましょう。

犬はかゆみを我慢することができません。そのため痒いときは血が出ても掻き続けます。そのためかゆみが酷くなるまえに病院に連れて行ってあげましょう。

予防

食生活などを含めた生活習慣の改善により予防に繋がると考えられます。

また、体毛の多い、長い体毛の場合は暑い時期に蒸れないよう短めにカットすることで不快感の軽減、その他の皮膚病の予防に繋がります。

皮膚の弱い犬種の場合は特に注意してあげるようにしましょう。

皮膚の変化に気づけるようにスキンシップがてらこまめにチェックしていきましょう。