脱毛症

犬種に関わらず、皮膚病を発症した際にみられることの多い病気です。

脱毛症とは、何かしらの皮膚病、もしくはストレスによって発症される症状です。

犬の脱毛症にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

犬の脱毛症の症状

皮膚病などを発症した際に、その部位を舐めたり掻いたりするとその多くに脱毛がみられます。

しかし、そういった皮膚病などの症状が無くとも急な食事の変化、生活環境の変化によるるストレス性脱毛症も見られますが、換毛期に見られる抜け毛はもちろん脱毛症とは違います。

脱毛のタイプとして円形脱毛症のような小さな症状から背中やお腹全体など広範囲によって現れる脱毛症もあります

原因として

原因としてはさまざまな要因がありますが、皮膚病の項に記載したアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、急性湿性皮膚炎、偽クッシング症候群などの皮膚炎の症状の際に見られることが多く、多くの皮膚病の場合には痒みからくる掻き毟りにより見られるものもありますが、偽クッシング症候群のように痒みが伴わない病気でも見られます。

他の原因としてホルモン性異常によりホルモンバランスが崩れ脱毛に繋がったり、症状の項目で紹介したように食事や生活環境の変化によるストレスでも脱毛が見られることがあります。

発見するには

換毛期以外に突然抜け毛が見られたら症状として疑ってください。

脱毛が何かしらの病気のサインとして見られることが多く、痒がっていたり舐めていなくても病気の兆候・発症の可能性があるので、少しでも気になった際にはお近くの動物病院へ診察を受けてください。

予防

多くの皮膚病からくる脱毛症については、その皮膚病の治療や予防で防ぐ事もできますが、偽クッシング症候群については不明な部分が多い病気なので動物病院への相談をお勧めします。

ストレス性からくる脱毛症は、いつも以上にコミュニケーションを取ることで改善が見られることがあります。

私たち人間同様、ワンちゃんも生活環境の変化には敏感なのですね。