アペロシアX(脱毛症X)

ポメラニアンがかかりやすい多い病気として有名で、別名ポメラニアン脱毛症・偽クッシング症候群とも言われています。

アペロシアX(脱毛症X)にかかりやすい犬種

小型犬に多く見られる

ポメラニアン

トイ・プードル

犬のアペロシアX(脱毛症X)の症状

症状は痒みの伴わない脱毛で、脱毛箇所が頭と四肢以外の箇所になります。この脱毛箇所がクッシング症候群と似ているため偽クッシング症候群と呼ばれることもあります。また毛ヅヤがなくなり、乾燥した毛質になることも特徴の一つです。

一般的には1~4歳児に発症すると言われています、特にポメラニアンなどに多く見られる特殊な皮膚病・脱毛症で、いまだに不明な点が多く、また確実性のある治療もありません。

しかし幸いなことに痒みなどを伴わず、命にもかかわらない病気ですが、体毛の長いポメラニアンでは毛の抜けた部位が目立つことが最大のネックです。

原因として

アペロシアは英語で【脱毛症】を意味し、Xは不明であるという意味から由来しています。そのため、いまだに不明点が多い病気で、基本的に環境や食事などで発症されることは無く、ホルモン異常や遺伝などが関係しているのではと言われておりますが、しっかりとした原因も分かっていません。

ポメラニアンなど特定の犬種で見られていることが特徴です。

発見するには

頭と四肢以外の脱毛が見られたにも関わらず、犬が体を痒がらない時はこの病気を疑っても良いでしょう。

他の皮膚病と違い、痒みなどを伴わないので逆に心配される方もいらっしゃると思います。

しかし他の病気でも症状として脱毛を伴うものはあります。自己診断はせずにまずは病院に行きましょう。

少しでも不安な点があればお近くの動物病院へ相談・診察を受けてください。

予防

まだ不明点が多い病気なので、残念ながら現状での予防法はありません。

しかし幸いなことに痒みなどが伴わないため、ワンちゃんへの負担も少なく、直接命にかかわらない病気になります、しかし体毛の多い犬種がなりやすく、見た目にかなり影響がでてしまいますので、発見された際にはやはり動物病院への診察をお勧めします。