急性湿性皮膚炎

急性湿性皮膚炎とは、別名ホットスポットと呼ばれる病気で、名前の通り急性なのでその症状が現れる速度が速く、飼い主が驚かれる病気です。

急性湿性皮膚炎にかかりやすい犬種

アンダーコートが密生している犬種に多く見られる

ラブラドール・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

シベリアン・ハスキー

柴犬

犬の急性湿性皮膚炎の症状

この急性湿性皮膚炎とは別名【ホットスポット】【化膿性創傷性(外傷性)皮膚炎】や【急性湿疹】と呼ばれている皮膚疾患の一つです。

特徴として症状が現れるスピードが速く、朝はなんとも無かった皮膚が部分的に炎症を起こしてしまい、痒みや痛みのため舐めたり掻いたりしてしまい、お昼ごろにはその部分が掻き壊しにより血や膿で染まっていたり、脱毛が見られる事もあります。

突然症状が現れるので飼い主が特に驚くことの多い症状です。

病変の大きさは様々あります。

原因として

こちらは春から初夏の梅雨の時期にかけて発症することが多く、体毛と気温の暑さが関係しているのではと言われていますが原因はまだはっきりとしていません。

特に体毛の多い(アンダーコートが密生)犬種や皮膚が弱い犬種に発症されやすいとされており、そのため気温による体温の上昇により蒸れてしまい、雑菌が増殖し発症につながると考えられています。

発見するには

症状が発症した場合は痒みや違和感によるかきむしりや舐めるような行動が見られ、その部位に脱毛や掻き毟った際にできる傷から出血や膿など見られます。

先に述べたように見る見るうちに症状が悪化していきますので、疑いがある場合には早急にお近くの動物病院への診察を受けてください。

予防

特に発症が多くなる前の時期(春~夏)に体毛のカットなどをし、皮膚に清潔な環境を整えておくことが必要になります。

また、雨の日のお散歩時やシャンプーなどで体が濡れてしまった際には毛根が蒸れやすい状態になりますのでしっかりと体を乾かして、常に皮膚への健康状態に気をつけてください。

また、一度この病気を発症してしまった子は再発する可能性が高いと言われています。