心疾患

心疾患とはいわゆる心臓病のことで、その症状により命にかかわってくる非常に恐い病気で、早期発見が望まれます。

心疾患にかかりやすい犬種

小型犬に多く見られる

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

ポメラニアン

トイ・プードル

チワワ

マルチーズ

ヨークシャー・テリア

犬の心疾患の症状

心疾患とは心臓の病気のことを指します。

私たち人間でも若年層より高齢者に多く見られるのと同様に、ワンちゃんも高齢犬に多く見られる病気です。

心疾患の病気により症状は異なりますが、咳、運動をしたがらない(散歩に行きたがらなくなる)、突然倒れる(失神してしまう)などが共通して見られる心臓病の代表的な症状と言われています。他にも呼吸が苦しそう、お腹が膨れてくる(腹水がたまる)・チアノーゼ・削痩などもあげられます。

また、心臓の病気は命の危機にさらされるとても恐い病気が多いです。

原因として

心疾患の一般的な原因は高齢によるものが多く遺伝的・先天性のものみられます。

幼犬時に心疾患を診断された場合は遺伝性・先天性がほとんどになります。また犬種としてはキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが遺伝的に心臓病に罹りやすいので有名です。ほかにも、トイプードル、チワワ、ポメラニアンなど高齢の小型犬に見られることが多いとされています。

発見するには

発見されるパターンとしては症状の項目でも記したように、高齢時における咳、呼吸の乱れや動きが鈍くなるなどの症状が気になって受診し、発見に至る、もしくは先天性の場合には予防接種時に発見されることが多くなります。

初期症状で発見されると、治療により進行を遅らせることができる(完治は非常に難しい)ので、少しでも気になった際には健康診断の際に獣医師に相談してみましょう。

特に咳については呼吸器系の病気である可能性もありますが心疾患の代表的な症状にも該当しますので注意が必要です。

予防

残念ながら基本的に予防法はありません。先天性のものも加齢に伴うものであれば犬種問わずそのリスクはあります。

しかし、太りすぎは心臓への負担が増えてしまいます。そのため体重管理はしっかりと行ってあげましょう。また、高ナトリウム(高塩分)も心臓の負担となります。特に人間用の食べ物は犬にとっては高ナトリウムになります。食事の管理も肥満防止の一つになりますので合わせて注意してみてください。

早めの受診・早期治療により進行を遅らせることが一番大切になります。

日々のスキンシップでしっかりと様子を見ていきましょう。