僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症とは心臓病のひとつで、犬の心臓病では最も多いものです。

主に高齢の小型犬に多く見られ、心臓の病気のため早期発見が望まれます。

僧帽弁閉鎖不全症にかかりやすい犬種

小型犬に多く見られる

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

マルチーズ

ヨークシャー・テリア

シー・ズー

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状

僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の病気のひとつです。僧帽弁は(別名:左房室弁)左心房と左心室の間にある弁を指し心臓が収縮した際に心房と心室を閉鎖し、左心房への血液の逆流を防いでいます。この病気は病名の通り心臓が収縮する際に僧帽弁がうまく閉まらず、全身に排出されるべき血液の一部が弁の隙間から左心房内に逆流が起こる病気のことです。

初期症状は見られないことが多いです。一番最初に出る症状として興奮時や夜~朝方にかけて、乾いたような咳がみとめられます。ほかにも症状として、疲れやすくなる、元気が無くなる、体を横にして寝るのは苦しくなるため,胸を下にして寝るようになる、倒れる(失神する)などがみられます。さらに症状が重くなると肺水腫を起こし、呼吸困難やチアノーゼを起こします。

末期的な症状になると命にかかわる病気です。

原因として

僧帽弁閉鎖不全症の原因として挙げられるのは、僧帽弁が粘液変性により肥厚すること。弁の変性は老齢期に発生しますキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルについては遺伝的になりやすいといわれて若くして弁の変性をおこすことがわかっています。

発見するには

僧帽弁閉鎖不全症は早期発見が大切になります。しかし症状でも述べましたとおり初期症状がほとんどありません。

老齢での発症率が高いともいわれていますが、実際には5.6歳から発症していることもあります。ただ、症状としてあらわれるのが老齢となっております。

そのため定期的な健康診断で随時確認していただきましょう。

早期発見により症状を和らげることが出来るので、少しでも不安な点があればお近くの動物病院で診察を受けてください。

予防

僧帽弁閉鎖不全症の予防は基本的に難しいですが、早期発見と早期治療が一番大切になります。罹りやすい犬種は定期的な健康診断をこころがけましょう。

また、肥満は心臓への負担が大きくなるので適量の食事と運動を心がけて、適正な体重をキープすることが大事となります。また、塩分も心臓の負担となる要因の一つなので食事にも気をつけましょう。