椎間板ヘルニア

椎間板とは背骨(脊椎)を構成しているたくさんの椎骨と椎骨の間にある薄い軟骨を差します。椎間板は背骨を滑らかに曲げられるような役割を持っています。

椎間板ヘルニアとは、椎間板に強い力が加わり損傷し、椎間板の中の組織が飛び出てしまうことによって近くにある神経や脊髄を圧迫 してしまい起こる病気です。

ヘルニアとは体内にある臓器などが、本来のあるべき位置からとび出て(脱出や突出)しまった状態を指します。

椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種

加齢によって症状が現れることが多い

軟骨異栄養性犬種(以下にあげられる犬種類など)では若年齢期に発症しやすい

ミニチュアダックスフンド

ウェルシュ・コーギー

ペキニーズ

シー・ズー

ビーグル

犬の椎間板ヘルニアの症状

椎間板は首から腰まである背骨にありますので発症部位と進行状態によって症状は異なります。椎間板ヘルニアの主な症状は痛みと麻痺です。

初期症状は患部のじんじんとした痛みにより触ると痛がるようになります。例えば腰で発症している場合には背中をなでると嫌がるようになります。また、他に足を引きずる、歩き方がおかしい、歩くのを嫌がるなどの症状がみられます。

頸部の椎間板ヘルニアでは頸部の痛みからはじまり、症状が悪化すると自分の力で立ち上がれなくなり、四肢が完全に麻痺してしまったり、排尿・排便にも支障をきたしてしまったりすることがあります。胸部や腰部の椎間板ヘルニアでは腰から背中にかけての痛みや後肢の麻痺などがおこり自力による排便・排尿が困難になることも多いです。場合によっては車イスになってしまうこともあります。

背中から腰にかけての発症が一番多く見られ、椎間板ヘルニアの全体の80%以上とも言われています。

原因として

椎間板ヘルニアの一般的な原因として、激しい運動(昇降運動やジャンプなど)や加齢や肥満などによって椎間板の圧力を支えられず椎間板が損傷することによります。軟骨異栄養性犬種では若年齢期から発症する傾向にあります。

発見するには

症状の項で述べたような症状が、軟骨異栄養性犬種で見られたら、椎間板ヘルニアと疑ってください。

椎間板ヘルニアは早期発見が大事になります。重症になってしまうと下半身不随になってしまうこともあります。

そうならないように少しでも疑いがあれば、早めにお近くの動物病院での診察を受けてください。

予防

身体を支えている部分の負担をなるべく少なくするためにも肥満の防止が椎間板ヘルニアを予防する重要なひとつになります。

また、ミニチュア・ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどのヘルニアを発症しやすい軟骨異栄養性犬種ではなるべく階段の上り下りをさせない、抱っこするときにはお尻を支える、前足を上げながらお尻を付けた状態の"ちょうだい"のポーズなど背骨に負担のかかる事はさせないように心がけましょう。