気管虚脱

気管虚脱とは、気管軟骨が本来の形状を保てず、押しつぶされて狭くなり、空気の流れが悪くなってしまった状態を言います。呼気と吸気がうまくいかず呼吸困難をきたす病気で、夏場に多く発症し、いったん症状が治まっても再発しやすい厄介な病気です。

気管虚脱にかかりやすい犬種

加齢によって症状が現れることが多く、小型犬と短頭種に多発します。

ヨークシャー・テリア

ポメラニアン

トイプードル

チワワ

犬の気管虚脱の症状

気管虚脱の初期症状は軽い咳から始まり、症状が進行すると「ガーガー、グエッ、グエッ」といったような明らかにおかしい呼吸音に変わり、舌にチアノーゼ(青~紫色の変色)が見られるようになります。

呼吸困難になってしまう病気の為、窒息死のリスクがあります。

原因として

遺伝的に軟骨が弱いことや老齢による気管周辺の筋力弱化、そして肥満も気管虚脱の原因になるため、注意が必要です。

発見するには

通常初期の呼吸障害の発見は難しく、特徴的な「ガーガー」といった呼吸音になって気づくケースが多いようです。

呼吸器系の病気はそのまま窒息死のリスクに繋がる恐れもあるため、疲れていないにもかかわらずいつもと違うような呼吸が見られた際にはお近くの動物病院へすぐにご相談ください。

予防

気管虚脱を悪化させる要因の中には飼い主の側で取り除けるものがあります。首輪の代わりにハーネスを用いる、肥満を予防する、激しい運動を控える、熱い時間帯には外出を控えるなど

が挙げられます。