気管虚脱

気管虚脱とは、呼吸する気管がつぶれて狭くなることで、主な症状として呼吸障害からガーガーといった呼吸音が聞かれ、最終的に呼吸困難になってしまう病気です。

気管虚脱にかかりやすい犬種

加齢によって症状が現れることが多い

小型犬がなりやすい

ヨークシャー・テリア

ポメラニアン

トイプードル

チワワ

犬の気管虚脱の症状

気管虚脱の初期症状は軽い咳から始まり、症状が進行すると「ガーガー、グエッ、グエッ」といったような明らかにおかしい呼吸音に変わり、舌にチアノーゼ(青~紫色の変色)が見られるようになります。

呼吸困難になってしまう病気の為、当然窒息死のリスクが大幅にあがる非常に恐い病気です。

原因として

はっきりした原因は良く分かっていませんが、中~高齢になると発症リスクが高まるようです。

割合としては小型犬で多く見られるものの、中~大型犬でも発症することはあります。

その他肥満でも気管虚脱になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

発見するには

通常初期の呼吸障害の発見ではなく特徴的な「ガーガー」といった呼吸音になって気づくケースが多いです。

呼吸器系の病気はそのまま窒息死のリスクに繋がる恐れもあるため、疲れていないにもかかわらずいつもと違うような呼吸が見られた際にはお近くの動物病院へ診察してください。

予防

原因の項でも述べたように、肥満防止がリスクを減らす可能性があります。

もともと肥満は正常な健康状態とは言えないので、しっかりとした健康状態を保つことが気管虚脱を含めいろんな病気防止に繋がります。