軟口蓋過長症

軟口蓋過長症とは軟口蓋(喉の手前上あたりの柔らかい部分)が通常より長くなることで呼吸器を圧迫、狭くしてしまい呼吸を妨げてしまう病気のことです。

軟口蓋過長症にかかりやすい犬種

加齢によって症状が現れることが多い

短頭種(顔と鼻があまり離れていない犬種)がなりやすい

パグ

シー・ズー

ペキニーズ

ヨークシャー・テリア

フレンチ・ブルドッグ

犬の軟口蓋過長症の症状

軟口蓋過長症の主な症状として呼吸器系の病気に共通する荒い「ゼーゼー」といった呼吸苦やいびきが見られ、悪化すると呼吸困難に陥ってしまう場合があります。

またこの病気の多くは短頭種に見られます。

原因として

軟口蓋過長症は短頭種がなりやすい、いわゆる短頭主症候群のひとつで、シー・ズーやパグなどなりやすい犬種が存在します。

原因としては先天性のものがほとんどなので、短頭種を飼育してる方は注意が必要です。

発見するには

ゼーゼーといった呼吸音やいびきなどで発見されることが多く、進行してしまうとワンちゃんもそれだけ苦しんでしまうので、少しでも様子がおかしいようであればお近くの動物病院で相談されることをお勧めします。

予防

もともと軟口蓋過長症の多くは短頭種かつ先天性のものなので、明確な予防法はありませんが、気管虚脱同様肥満防止が予防に繋がりますので、しっかりとした健康管理を心がけてください。