異所性尿管

異所性尿管とは、片側または両側の尿管が、尿道や膣に開口する先天性の病気で、若齢の純血種のメスに多く見られます。

異所性尿管にかかりやすい犬種

犬の異所性尿管の症状

犬の異所性尿管とは、本来腎臓で作られた尿が尿管を通り膀胱へ運ばれるのに対し、膀胱以外の場所に繋がってしまっていることで、尿のタンクである膀胱に尿をうまく貯めることができず、間欠的あるいは持続的に失禁しますが、中には正常な排泄ができる場合もあります。

失禁が続くため、尿焼けによる膣炎や尿路感染症を引き起こす可能性も多くあります。

原因として

先天的に尿管と膀胱が正常に繋がっていない事が原因です。

危険因子としては、前述した好発品種があり、またオスよりメスのほうが多く見られます。

発見するには

若齢(生後3~6ヶ月)のメスで、おしっこの失敗や失禁、陰部がいつも汚れているなどの徴候が認められたら、お近くの動物病院に早めにご相談して下さい。

予防

先天性の病気の為、明確な予防はありません。

しかし症状の項でも述べたように、膣炎や尿路感染症を起こすことがある為、排尿の状態をいつもチェックし、早めに発見、治療することが大切です。