骨肉種

犬の骨肉腫は骨の組織が癌化してできる悪性腫瘍の一つであり、人だけでなく犬でも発症します。

犬では四肢での発生が多く、腫瘍の進行により段々と痛みが強くなっていくのが特徴です。

骨肉種にかかりやすい犬種

大型犬によくみられる

犬の骨肉種の症状

犬の骨肉腫は、8割ほどが四肢に出来ると言われております。

症状としては、跛行(患肢をかばうような歩き方や肢を挙げて歩く等の正常に歩行できない状態)や足に硬い腫れが見られる・歩くのを嫌がる・運動をしなくなるなどが挙げられます。

初期段階では、骨肉腫特有の症状は見られず、腫瘍の進行と共にだんだんと痛みが強くなっていきます。

また、骨肉腫の発見時には既に全身に転移していることが非常に多いと言われています。

骨肉種の原因

骨肉腫の明らかな原因は不明です。

小型犬よりも老齢の大型犬に多く見られますが、どんな犬種でも発生することがあります。

骨肉腫の予防と早期発見のために

原因がはっきりしていないため、予防は困難です。

また、早期発見のために、愛犬とのスキンシップの際に全身を触ってできものがないか、普段と違う様子や痛がっている様子はないかをチェックし、異常があればすぐに動物病院に連れて行きましょう。

骨肉腫は、発見時には既に転移してしまっている可能性が非常に高い厄介な腫瘍です。

外科的手術にて腫瘍を切除する・抗がん剤や放射線治療を行う・痛みを和らげるために鎮痛剤を飲ませるなど様々な治療法がございますが、症状の進行も早いため、治癒が難しいのが現状です。

もしも骨肉種に罹患してしまった場合、動物病院と相談しながら、愛犬とご家族の方が納得のいく治療方法を選択していくことが望ましいです。