糖尿病

犬の糖尿病とは、人間同様インスリンというホルモンが不足したり、働きが弱くなったりすることにより血中の糖分が慢性的に過多になってしまう病気です。高血糖が続くことにより、様々な症状がみられます。

糖尿病にかかりやすい犬種

犬種問わず、加齢によって症状が現れることが多くみられます。

トイプードル

ミニチュアダックスフンド

ゴールデン・レトリーバー

ジャーマン・シェパード・ドッグ

犬の糖尿病の症状

糖尿病にかかってしまった場合、以下のような症状が認められます。
・水を飲む量が増える
・尿の量が増え、回数が多くなる
・食欲が異常に増す
・食べても体重が増えず痩せてしまう

糖尿病の合併症では、白内障や再発性皮膚炎・膀胱炎・膵炎などが多く、メスの場合は子宮蓄膿症になってしまうケースも見られます。

なお、症状が悪化した場合には「糖尿病性ケトアシドーシス」という状態になってしまい、嘔吐や食欲低下、元気がなくなるといった症状がみられるようになります。さらに進行すると昏睡状態になり、命に関わる重篤な症状を引き起こします。
「糖尿病性ケトアシドーシス」にまで進行してしまった場合、運動失調や虚弱などの神経症状、心筋梗塞、肝疾患が引き起こされる可能性があります。

糖尿病の原因

犬の糖尿病には「Ⅰ型糖尿病:依存性糖尿病」と「Ⅱ型糖尿病:インスリン非依存性糖尿病」の2種類があります。

前者は「インスリン」がすい臓から分泌されなくなり不足した結果、糖分が細胞に吸収されにくくなり、血液中の糖分が過剰となった状態です。
なお、犬がインスリン依存性糖尿病にかかる原因ははっきりしていませんが、一般的に遺伝や肥満、感染症、免疫介在性膵炎などが重なり合い発症すると言われています。

後者はインスリンの働きが弱くなるインスリン非依存性糖尿病で、犬がかかるケースは多くありません。
ただしメスの場合、発情期が過ぎた後の約2カ月間の黄体ホルモンが上昇したタイミングで、かかりやすくなると言われています。

糖尿病の予防と早期発見のために

糖尿病の予防に効果的なのは、バランスの取れた適度な食事と運動です。

日ごろから肥満にならないよう適切な食事量と運動管理を心がけ、多飲多尿などの症状が見られた場合には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

犬の糖尿病治療は人間と同じく、生涯にわたってインスリン注射を続けることです。飼い主さんにとっても犬にとっても負担が大きい治療であるため、発症のリスクを減らしてあげるような生活を心がけるようにしましょう。