クッシング症候群

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる症状をいい、副腎皮質機能亢進症とも呼ばれています。

クッシング症候群にかかりやすい犬種

犬のクッシング症候群発症率は、人間や猫よりも多く、高齢犬に最も頻繁に発症します。

ミニチュアダックスフンド

ポメラニアン

トイプードル

ボストン・テリア

ボクサー

クッシング症候群の主な症状

クッシング症候群の主な症状は以下です。
水をたくさん飲む
尿の量が増える
食事を沢山食べる
毛づやが悪くなる
胴体が左右対称に脱毛する
筋肉が萎縮する
お腹が膨れる

免疫力が低下しているため、皮膚炎や膀胱炎といった感染症にかかりやすくなります。
さらに、糖尿病や甲状腺機能低下症を併発する場合もあります。

クッシング症候群の原因

脳下垂体の過形成や腫瘍、副腎皮質に腫瘍ができることで、コルチゾール(副腎皮質ホルモン)が過剰分泌されるのがクッシング症候群の原因と言われています。

また、治療のために、長期間(もしくは大量)のステロイド剤を投与し、それを突然止めてしまった場合、副作用として医原性クッシング症候群が引き起こされる可能性があります。

クッシング症候群の予防と早期発見のために


クッシング症候群は、いつどんな場合に引き起こされるか予想ができません。

そのため予防法はなく、早期発見を心がけることが重要となります。

前述した症状が見られるようなら早めに動物病院へ連れて行きましょう。