甲状腺機能低下症

体の代謝を促す役割を持った甲状腺ホルモン。この分泌量を減らしてしまう病気が、甲状腺機能低下症です。飼い主が症状に気づきにくいという特徴もあるため、日頃から注意するようにしましょう。

甲状腺機能低下症にかかりやすい犬種

中・大型犬で発生されることが比較的多いです。

ミニチュア・シュナウザー

シェットランド・シープドッグ

柴犬

ゴールデン・レトリーバー

ボクサー

甲状腺機能低下症の症状

甲状腺機能低下症は、皮膚にさまざまな症状が引き起こされるのが分かりやすいサインです。

代表的な例を以下に記載します。

  • 毛が全体的に薄くなる
  • 抜け毛の量が増える
  • 皮膚科乾燥し、フケが増える
  • 黒ずみが見られる(色素沈着)
  • 皮膚が厚くなる(皮膚の肥厚)
  • 感染症に繰り返しかかる

皮膚以外の部分にも症状が現れる場合があります。

ただし、これは犬が年を取ったときの様子と似ているため、飼い主が気づけないというケースが多いようです。

具体的な症状は以下です。

  • 元気がなくなる
  • 寒がりになる
  • 太りやすくなる
  • 顔がなんだか悲しそうに見える
  • 心拍数が遅くなる
  • 発情が止まる

なお、症状が進行した場合、昏睡や意識障害を引き起こす可能性も指摘されています。

甲状腺機能低下症の原因

免疫介在性のリンパ球性甲状腺炎と特発性甲状腺萎縮が甲状腺機能低下症の主な原因と言われています。

遺伝が関係しているという説もありますが、現在はまだ仮説の域を超えていないようです。

なお、甲状腺ホルモンの働きを阻害する病気(クッシング症候群など)にかかった場合、同様の症状が見られるケースもあります。

甲状腺機能低下症の予防と早期発見のために

現状、甲状腺機能低下症の予防法は明らかになっていません。

また、前述のとおり、加齢に伴う症状と間違われることが多いため、治療が送れてしまうケースもあるようです。

犬が普段と違うような様子であったり、皮膚に異変が見られたりする場合は、早めに動物病院を受診するよう心がけましょう。

犬が甲状腺機能低下症にかかってしまったときには、甲状腺ホルモン製剤の投与を生涯続けることになります(他の病気に起因しないものに限る)。

犬にも飼い主にも大きな負担がかかりますし、何より完治しないというのは大きな問題です。こうした状況に陥らないためにも、犬の様子を観察し、早期発見に努めましょう。