骨折

一般的に、犬種問わず、華奢な体格をしている犬に起こりやすい骨折。犬のケガの中ではポピュラーな部類になりますが、治療費も高く犬自身の負担も大きいので注意しなくてはなりません。

骨折になりやすい犬種

基本的にどんな犬種でも起こる可能性はあります

イタリアン・グレーハウンド

トイ・プードル

ポメラニアン

サルーキ

ボルゾイ

骨折の症状

犬の骨折の多くは足です。そのため、以下のような行動があれば、骨折の可能性を疑いましょう。

  • 足を引きずるように歩く(爬行)
  • 足を気にするような仕草があり、頻繁に舐める
  • 足を気にしながら、地面につかないよう歩いている
  • 抱きかかえようとすると怒ったりかみついてきたりする

なお、一口に骨折と言っても亀裂骨折や疲労骨折、剥離骨折、圧迫骨折、開放骨折など、種類は多岐にわたります。

中には成長板骨折という、ケガには分類されない成長期に起こる急な骨折もあります。

骨折の原因

犬が骨折してしまう原因としては、転倒や落下が考えられます。

特に、室内の床がフローリングになっている場合、そこで滑ってしまって転倒→骨折というケースが多いです。

その他にも、階段での転倒・落下、抱っこからの落下、屋外(ドッグランなど)で犬同士がじゃれ合っている際に骨折してしまう場合もあります。

骨折の予防と早期発見のために

室内などで犬が転倒しないよう、床に滑りにくい素材のカーペットを敷いたり、外出の際に危ない行動をしないよう見守ったりするのが基本的な予防法です。

病気や老化によって骨密度が低くなり骨折してしまっている場合は、特に注意しましょう。

一方で、若いのに簡単に骨が折れてしまった場合は他の病気が疑われます。

その他、骨折時の症状は椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼などの関節性疾患と似ていますので、早めに動物病院へ連れていきましょう。

骨折時の治療としては、骨折箇所に添え木を当てるなどの対処がありますが、場合によっては手術が必要となる可能性もあります。

レントゲンをはじめとする検査や注射・麻酔・手術代など、治療費の負担も大きいため、普段から犬が骨折しないよう注意しながら見守るようにしましょう。