関節炎

犬の骨同士の間には、接合面を保護し動きを滑らかにする軟骨があります。この部分に支障が起こり、炎症が引き起こされ悪化した状態を関節炎と言います。発症すると、常に痛みが発生してしまし、歩くにも支障が出るのが特徴です。

関節炎にかかりやすい犬種

キング・チャールズ・スパニエル

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ドーベルマン

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

犬の関節炎の症状

関節炎を引き起こしている犬には、主に以下のような症状が見られます。

  • 足を引きずるようになり、じっとして動かなくなる
  • 階段などの段差を登りたがらなくなる
  • 起き上がったとき辛そうな様子がある
  • 散歩に出かけると歩き遅れてついてこなくなる
  • 歩きたがらない
  • 遊びたがらない
  • 走ったり飛び跳ねたりしなくなる

なお、関節に痛みがあると飼い主に対しても攻撃的になったり、引っ込みがちになったりと、性格に影響を及ぼすケースがあります。

関節炎の原因

関節炎が進行する過程を見てみましょう。

まずは関節にさまざまな刺激を与えられ、軟骨細胞が損傷し炎症が発生。

軟骨細胞が損傷すると、今度は軟骨組織の損傷を促す酵素が活性化し、軟骨組織が徐々に破壊されはじめます。

軟骨組織が破壊されてしまうと、関節の構造や機能に障害が起こります。

なお、こうした状況を作り出すのは肥満や運動不足、加齢、外傷などです。

また、犬種や体型、年齢は関係ないとされていますが、特に老犬に起こりやすいという特徴があります。

関節炎の予防と早期発見のために

自宅でできる関節炎の予防としては、まずは適正体重を保つための管理です。

食べ過ぎなどに注意し、食事内容に悩む場合には獣医へ相談して、指示に従うようにしてください。

また、関節へ負担の大きな運動はさせないよう注意し、かつ常に新鮮・清潔な水を飲めるよう用意してあげるようにしましょう。

加齢が原因で起こりやすい関節炎。

しかし、その症状は犬の老化現象に似ているため、発症が見逃されるケースが多いです。

他の病気の可能性も考えられるため、少しでも気になることがあれば早めに動物病院へ連れていくようにしましょう。