レッグ・ペルテス病

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)は、太ももの骨と骨盤を連結している大腿骨頭への血行が悪くなり、大腿骨の骨頭が怪死してしまう病気です。主に3~13ヵ月齢の成長期に、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア(ウェスティ)や、10Kg未満の小型犬種(トイ・プードルなど)といった犬種で発症されるケースが多いです。

レッグ・ペルテス病にかかりやすい犬種

小型犬に見られることが多い

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

トイ・プードル

ポメラニアン

ミニチュア・ピンシャー

犬のレッグ・ペルテス病の症状

レッグ・ペルテス病で引き越される代表的な症状は跛行です。

足を引きずったり、足に力が入らなかったりといった行動が徐々に増えてくる場合もありますが、突然症状が現れる場合もあります。

なお、多くの場合足への影響は片方のみですが、両足に症状が引き起こされるケースも存在します。

その他の症状としては、股関節周囲の過敏症や食欲低下、股関節部分への接触を避けるといったものがあります。

レッグ・ペルテス病の原因

現在、レッグ・ペルテス病の原因は不明とされています。

一説には遺伝が関係しているとも言われていますが、確証はないため、親犬の状態にかかわらず注意しなくてはなりません。

レッグ・ペルテス病の予防と早期発見のために

原因が不明である以上、レッグ・ペルテス病の予防は困難とされています。

ただし、前述の通り病気を発症しやすい犬種は分かっているので、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア(ウェスティ)や小型犬を飼っている方の場合は、普段から歩き方を注意深く見るようにし、少しでも異変があるようならすぐに動物病院での受診をおすすめします。

また、遺伝の関連性を考慮し、犬の避妊・去勢手術が勧められるケースもあります。

レッグ・ペルテス病が発症した場合は、はじめに運動制限や鎮痛剤投与といった内科的治療が行われます。

ただし、これはあくまで症状を一時的に抑えるのみの対症療法であり、最終的に外科手術で壊死した大腿骨頭を切除。その後、長期的なリハビリを行っていくことになります。

なお、治療が遅れると歩行以上等の後遺症が起こる可能性もあるため、早期発見・早期治療に努めるようにしましょう。