アレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎では、アレルゲンが原因で皮膚にかゆみが生じ、赤み・湿疹・脱毛などの症状が現れます。

アレルギー症状を引き起こすアレルゲンは、食物・ノミやダニ・花粉などそれぞれの犬によって異なります。

犬が体を痒がり皮膚に炎症が見つかったら、獣医師の指導のもとで症状の改善を目指しましょう。

犬のアレルギー性皮膚炎にかかりやすい犬種

犬のアレルギー性皮膚炎の症状

犬のアレルギー性皮膚炎では、犬の皮膚にかゆみが生じ、しきりに足で掻くなどの行動が見られます。

皮膚の状態としては、赤みや脱毛・湿疹などの症状を呈します。

その他の皮膚炎との鑑別が難しいため、症状が良くならない・繰り返す場合はアレルギー性皮膚炎が疑われます。

犬のアレルギー性皮膚炎の原因

犬のアレルギー性皮膚炎の原因には、食物・環境アレルゲン・ノミやダニなど、様々なものが挙げられます。

食物アレルギーでは、鶏肉・牛肉・卵・大豆・魚をはじめとした蛋白質でアレルギー症状を引き起こす他、ドッグフードに含まれる添加物がアレルゲンとなることも考えられます。

また、犬がノミに刺されてアレルギー性皮膚炎を発症することがあり、こちらはノミの唾液が原因となり引き起こされるアレルギー症状です。

人と同じように、花粉などの環境アレルゲンによるアレルギーも存在します。

発見するには

犬がしきりに全身を掻いたり、体を壁や床にこすりつけたりして痒がっている場合、皮膚の状態を確認してみましょう。

湿疹やできもの・皮膚の赤みがないかどうか、脱毛、ノミがいるかどうかを確認し、異常が認められた場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

予防

アレルギー性皮膚炎の予防は難しく、完治は難しい疾患です。

アレルギーを疑う場合、アレルゲンとなりうるものを出来る限り避けましょう。

万が一発症してしまった場合は、動物病院でアレルギーの原因を特定するとともに、食事療法・投薬・外用療法などを行います。