低血糖症

低血糖症とは、何らかの原因によって血糖値が低下し、それにより特徴的な様々な症状を起こす症状のことを指します。

脳は血液中の糖分をエネルギー源としているため、何らかの原因で血液中の糖分が不足した状態になると虚弱、発作、運動失調を起こしてしまうこともあり、早急な処置が必要です。

犬の低血糖症にかかりやすい犬種

大型犬がなりやすいとされている

犬の低血糖症の原因として

犬の低血糖症は、子犬の時期と成犬の時期でそれぞれ原因が異なります。

子犬の場合

子犬の低血糖症は、生後3ヶ月までに多く見られます。

主な原因は空腹や身体の冷え、内臓障害があるため、栄養を吸収する機能が不全であるといった原因が考えられます。

生後3ヶ月未満の子犬は肝機能が弱く、肝臓に糖を貯蔵する能力が十分ではありません。

そのため、食事によって十分な糖分を摂取しないと、食事の時間間隔が6時間~12時間程度空いただけでも低血糖症を起こしてしまうケースもあります。

その他、重度感染症、先天性の肝臓の病気によっても低血糖症状が出ることがあります。

成犬の場合

成犬の低血糖症は5歳以上の大型犬に多く見られます。

原因としては、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、肝臓腫瘍、重度感染症、膵臓の腫瘍(インスリノーマ)など、他の疾患が原因で低血糖症を併発する場合が多く見られます。

中でも糖尿病にかかっていると、血糖値をコントロールするために用いられるインスリンの過剰投与などによって低血糖状態に陥る可能性もあります。

低血糖症の予防と対策

子犬の場合

空腹の時間を減らすために、1回あたりにあげる食事の量を減らして、回数を増やすといった工夫をして、低血糖状態に陥るのを防ぎましょう。

家庭で緊急時に対応できるよう、砂糖水などをすぐに与えられる状態で用意しておくと安心です。

食欲がない・元気がないといった際の予防として適量を与えても良いでしょう。

成犬の場合

別の疾患で低血糖症を発症している場合は、原因となる疾患の特定と治療を行ってください。

子犬同様に砂糖水を与えるのもよいですが、意識障害が出ている際に無理に飲ませるのは危険ですので、歯茎に刷り込むようにして与えて、すぐに病院に連れて行くようにしてください。