横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアとは、犬の胸部と腹部を隔てている横隔膜が破れる、裂けるなどして、腹部の臓器が傷口から飛び出してしまった状態を指します。

横隔膜ヘルニアにかかりやすい犬種

犬の横隔膜ヘルニアは、遺伝的な先天性のものと、外傷などで発症する後天性のものがあります。

先天性のものに関しては、遺伝的に以下の犬種で発症しやすいと言われています。

犬の横隔膜ヘルニアの原因

後天性の横隔膜ヘルニアの主な原因は外傷によるものです。

高いところから落ちて、床や壁に胸部や腹部を強く打ってしまうことで発症してしまうケースが多く見られます。

犬の横隔膜ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニアを発症すると、腹部から胸部のほうに臓器が飛び出してきます。

損傷が少ないなど、状況によっては無症状の場合もあります。

横隔膜の損傷が激しい場合は、腹部の臓器が動いたことで、吐き気やお腹を触ると痛がるような腹痛といった消化器系の異常、心臓や肺が圧迫されることによる咳や呼吸困難、呼吸が浅く速くなるためチアノーゼなどの症状が現れます。

犬の横隔膜ヘルニアの治療

ヘルニアが外傷性によるものの場合は外科手術を行います。

特に、呼吸困難、嘔吐など重篤な症状が見られる場合は早急に対応する必要がありますが、横隔膜ヘルニアは発症直後に手術を行うと死亡するリスクが高いといわれており、容態が安定するのを待ってから手術を行います。

軽症で目立った症状が現れていない場合は、主に経過観察で様子を見ます。

犬の横隔膜ヘルニアの予防と対策

後天的な横隔膜ヘルニアは、ほとんどが高所からの落下やぶつかった衝撃による外傷が原因ですので、犬が腹部、あるいは胸部に強い衝撃を受けないように、生活環境の中に危険なものがないようにしてあげることが大事です。

先天性の横隔膜ヘルニアに関しては、なりやすいといわれる犬種を飼われている方は注意してください。

横隔膜ヘルニアの治療は手術をすることが基本になりますが、身体に負担がかかるため、重篤な症状が出ていなければ経過観察で様子を見る措置が取られることもあります。

いずれにしても、外科手術にはリスクも伴いますので、治療に関しては獣医師の判断も仰ぎながら慎重に検討するようにしてください。