心室中隔欠損症

犬の心室中隔欠損症とは、先天的に心室中隔(心臓の左心室と右心室の間にある壁)に穴が開いている病気のことです。

左心室と右心室が繋がった状態になってしまっているため、心臓に様々な障害を引き起こす病気です。

心室中隔欠損症になりやすい犬種

心室中隔欠損は以下の犬種で発症しやすいと言われています。

柴犬

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

犬の心室中隔欠損症の原因

犬の心室中隔欠損は先天性の疾患です。

胎児期や出生後間もない頃は、左心室と右心室の間にある心室中隔と呼ばれる壁には孔が開いている状態ですが、成長するに伴い孔がふさがっていきます。

しかし、心室中隔欠損症は生まれた後にも心室中隔に欠損孔と呼ばれる孔が空いたままになってしまっている状態を指します。

犬の心室中隔欠損症の症状

欠損孔が小さい場合は無症状のこともありますが、欠損孔が大きく症状が進行すると運動後に疲れやすくなる、咳が出る、呼吸困難からチアノーゼを起こすといった症状が見られます。

重篤化すると心不全など重い症状が表れ、欠損孔を通じて左心室から右心室へ血液が流れ込むことにより肺に大きな負担がかかり、肺水腫を発症してしまうケースがあります。

犬の心室中隔欠損症の治療法

内科治療と外科治療があります。

内科治療では強心剤や血管拡張剤、利尿薬などの投薬治療を行い、心臓の負荷を軽減します。

症状の進行を抑えることはできても完治することはありません。

欠損孔が大きい場合などは、外科手術で孔を塞ぎます。

小さな欠損孔であれば自然に塞がるケースもありますが、非常に稀です。

犬の心室中隔欠損症の予防と対策

犬の心室中隔欠損症は先天性のため予防法はありません。

普段から愛犬の様子を観察し、疲れやすい、咳が多いなどの症状が表れたら早めに動物病院に連れて行くようにしましょう。

早期に発見して手術することができれば、完治する可能性も高い病気ですので、早期発見・早期治療が何よりも大事です。

また、欠損孔の大きさによっては、症状が出にくいこともあるので、動物病院で愛犬の健康診断をしてもらいましょう。