慢性膵炎

膵臓は、タンパク質や脂肪などを分解する消化酵素を分泌する器官です。

膵炎は急性と慢性とに分かれます。

犬の慢性膵炎は膵臓に炎症が持続して、次第に膵実質の進行性の細胞傷害・破壊と線維化により、膵臓は固くなり、膵機能障害を伴った病態を示します。

嘔吐や下痢、食欲不振など症状的に他の消化器系疾患と区別が付きにくいですが、症状が悪化すると膵臓の炎症だけでなく腎不全や糖尿病など他の疾患の併発にも繋がる可能性があります 。

犬の慢性膵炎にかかりやすい犬種

上記の犬種については膵炎を発症しやすいといわれていますが、偏った食生活など生活習慣によって他の犬種でも発症する可能性はあるので注意が必要です。

犬の慢性膵炎の原因

慢性膵炎は、脂肪分の高い食事を食べている犬、肥満体の犬に発症しやすい傾向があるといわれています。

近年は犬のフードやおやつも質が向上してきていますが、脂肪分の多い偏った食事が続いたり高脂血症・肥満などが原因のひとつではないかと考えられています。

また、急性膵炎を一度発症した犬が回復期に膵炎を再発してしまう場合もありこれが悪化、慢性化して慢性膵炎となることもあります。

細菌や寄生虫の感染からも発症するケースもあります。

犬の慢性膵炎の症状

慢性膵炎は、下痢や嘔吐が続く、食欲不振になるなど、他の消化器系の疾患と区別が付きにくいといわれています。

こうした症状が断続的に繰り返されますが、適切な治療を行わないと重篤化して命に関わることもあります。

慢性膵炎の予防と対策

慢性膵炎は字の通り膵炎が慢性的に発症する疾患です。

膵臓がダメージを受け続けると膵臓の機能自体が破壊されてしまい、命に関わることもあります。

予防には、栄養のバランスが取れた食生活を心がけるようにし、消化のよいフードを1日2回以上に分けて、適切な量を与えるようにしましょう。

おやつなどで脂肪分の多いものは与えないようにしましょう。

他の生活習慣病の予防にもつながりますので、適度な運動と規則正しい食生活で肥満を予防することは非常に大切です。

また、嘔吐や下痢がつづく、食欲不振になるなど少しでもおかしいと感じたら、早目に動物病院で診察を受けるようにしましょう 。