シスチン尿石症

尿石症とは、尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石という固形物が形成される病気です。

一般的にはリンやカルシウム、マグネシウムといったミネラル成分が体内で石灰化し、結石が形成されてしまう症状を指します。

結石の大きさは様々ですが、物理的な刺激により尿路の炎症を起こしたり、尿管や尿道に大きな結石がつまってしまったりすることにより尿が排出できなくなって、尿毒症や膀胱破裂など重篤な病気に発展する場合があります。

犬のシスチン尿石症にかかりやすい犬種

シスチン尿石症は先天的なシスチンの代謝障害が要因と考えられており、比較的まれな結石症ですが、以下の犬種で発症しやすい傾向があります。

犬のシスチン尿石症の原因

シスチンは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、表皮の角質層、爪などを構成する成分であるケラチンに含まれます。

通常、シスチンは腎臓で濾過された後に体内に再吸収されますが、遺伝的な代謝の障害などの理由で再吸収がうまくいかないと、シスチンの尿中の濃度が増えてしまい、これが結石化することでシスチン尿石症となってしまうのです。

犬のシスチン尿石症の症状

シスチン尿石症に限りませんが、一般的に頻尿、血尿、食欲不振、排尿通などが見られます。

「おしっこにきらきらと光るものが見える、」、「何度もトイレに行くのに、おしっこの量が少ない、または出ていない」、「おしっこをするときの格好がいつもと違う」、「おしっこをするときに痛がる」、「陰部を気にしてなめている」などの症状がみられた場合にはすぐ動物病院の診察を受けましょう。

シスチン尿石症の予防と対策

シスチンは酸性尿ではとけにくく、アルカリ性尿では溶けやすくなるため、尿をアルカリ化させるようにします。

また、シスチンの摂取を減らすためにタンパク質を適度に制限した食事や低ナトリウム食を取るようにします。

シスチン結石は先天的な代謝障害によって引き起こされるため、完全に予防することは難しいですが、発症を予防するためには、高タンパクや高ナトリウムの食事を避けたり、水分の摂取量を増やしたり、排尿がしやすい環境を作るといった点に気をつけましょう。

また、日ごろから排尿の様子や尿の色、回数、においなどをチェックし、異常が見られた場合は早めに動物病院を受診しましょう。

PS保険ではシスチン尿石症の治療には保険が適用される?

PS保険に加入されている場合、シスチン尿石症をはじめとする尿路結石症(尿結晶症)は、動物病院で治療を受けた際の補償の対象となります。

ただし、加入する以前に動物病院で尿路結石症と診断されたことがある場合、PS保険に加入することはできませんのでご注意ください。