水晶体脱臼

水晶体は、眼球内にあるカメラのレンズのような役割を持った器官です。

水晶体はチン氏帯という組織によって眼球内に固定されていますが、このチン氏帯が何らかの理由で断裂してしまい、正常な位置からずれてしまった状態を水晶体脱臼と呼びます。

なお、外れ方の度合いによって「脱臼」と「亜脱臼」に分かれます。

犬の水晶体脱臼にかかりやすい犬種

犬の水晶体脱臼の原因

水晶体脱臼は先天性・遺伝性によるものと、後天性によって引き起こされる場合があります。

先天性の場合、上記に挙げた犬種の眼球構造や、発育不全が原因になっていると考えられています。

後天性の場合、眼球内の腫瘍、ぶどう膜炎、白内障や緑内障が引き金となって起きることもあります。

また、打撲などの外傷から誘発されるケースもあります。

犬の水晶体脱臼の症状

水晶体の位置が正しい場所からずれているだけで炎症などが起きていない場合は、特に症状が現れない場合もありますが、水晶体脱臼によって眼圧が上昇し、緑内障の発症に繋がる場合があります。

また、後天的な原因となる炎症や緑内障が伴っている場合は、激しい眼の痛みや充血、角膜の炎症、角膜の白濁(角膜浮腫)などが見られます。

また、他の疾患と併発している場合、視力低下や失明の危険があります。

水晶体脱臼の予防と対策

先天性の症状である場合は予防は難しいですが、健康診断などで定期的に眼の検査をしてもらうことでぶどう膜炎や緑内障など、水晶体脱臼を引き起こす可能性のある他の疾患の早期発見、早期治療につなげることができます。

後天的な要因で起きる水晶体脱臼は、腫瘍やぶどう膜炎、緑内障などの他の疾患によって引き起こされるケースがあります。

合併症として発症した場合、視力の低下や失明に繋がる可能性もあるので、普段からよく飼い犬の目の状態を観察して異常が見られた場合は早急に動物病院で検査を受けるようにしましょう。

PS保険では水晶体脱臼の治療には保険が適用される?

PS保険に加入していれば、加入後に発症した場合、動物病院で水晶体脱臼の治療を受けた際の通院や入院、手術にかかる費用は補償の対象となります。

ただし、加入以前に動物病院で診療を受けた際に白内障や、緑内障、悪性腫瘍と診断されている場合、PS保険に加入することはできませんのでご注意ください。